『相場より高い復縁工作料金を支払ってしまうケース』


相場より高い買い物をすると損をした気分になりますよね。復縁工作料金に相場はないと言われていますが、実は推察する方法があるとご存知でしょうか。ほかにも、相場より高い復縁工作料金を支払ってしまうケースは存在します。詳しく見ていきましょう。

■その1 相場を知らない

復縁工作料金に相場がないという話は本当です。業界全体で設定したような復縁工作料金がないためです。さらに復縁工作料金は業者が比較的自由に設定するため、ばらつきが生まれやすいのです。
しかし復縁工作料金の多くは業者が計算した工作にかかる人件費、機材にかかる費用、交通費、通信費などをもとに算出されますから、すべての業者が多めにお金をとるわけではありません。
復縁屋に復縁工作を依頼すると、数ヶ月で100万円〜数百万円の料金になるのが一般的とされています。先ほどの人件費や交通費に成功報酬などを足すとだいたいこのような価格になるようです。
ですが、今お伝えしたような相場を知らずに料金設定が高めの業者にあたるとそれが基準だと思いこんでしまいます。相場を知っておくのはどの買い物でも同様です。復縁工作料金には相場がないという話をうのみにせず、複数の業者を比較検討するようにしましょう。

■その2 業者から撤退をすすめられてもやめない

復縁工作はプロの仕事とはいえ、失敗することもあります。対象が人間である以上、成功例はあっても機械のようにいつも同じ動作をするとは限りません。人は敏感なものですから、尾行してきた調査員を見つけて外出を控えるようになったという方も見られました。
もちろんそういった失敗をしないのがプロではありますが、工作に不備はなくてもターゲットや依頼者の状況が変わって復縁工作が失敗することはあるのです。
そのとき、業者から撤退をすすめられても追加料金で依頼を継続しようとする方がいます。復縁工作が失敗する可能性を考慮しなければ、お金さえ払えば復縁できると思いこんでしまいがちです。
こうなると復縁できないまま相場以上のお金を払い続けてしまうことになりかねないのです。復縁したい気持ちが強くても、時には冷静にならなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です