復縁工作の成功率とトラブル


根拠のない謳い文句に注意「お金をたくさん費やせば、必ず復縁できる」と思っている人もいます。恋人にフラれてしまい非常にショックを受けて、でもやっぱり元恋人が必要、と切羽詰まった状態になって、復縁工作を依頼する人もいるでしょう。復縁工作を依頼する人は、このような人がほとんどなので、業者側も十分にわかっています。しかし、そんな依頼者の気持ちを利用した悪い業者もあって、「絶対に復縁を成功させます」「今じゃないと、成功率が下がってしまいますよ」など、根拠もない謳い文句を並べて依頼させてしまうのです。

冷静な判断ができる時は、疑いの目を向けることができますが、復縁で頭がいっぱいになっていると、信用できない言葉も自分にとってはメリットしか感じられず、信頼してしまうのです。でも、復縁するのは誰なのか、冷静になってよく考えてください。業者の工作員が相手と復縁するわけではなく、当然、復縁するのは依頼者と相手です。そのため、依頼者が業者に全て任せたり、言いなりになったりするだけで、相手が依頼者のことを再び好きになることはあるのでしょうか?お金を出せば必ず成功する?実際にあった業者と依頼者とのトラブルを例に出します。

ある依頼者は予算を1000万円用意して復縁を依頼したのですが、業者側はこれ以上復縁が成功する可能性はないから、復縁工作を終了することを提案しました。しかし、依頼者はいくらでもお金を払うから、絶対に復縁させてくれと迫ったのです。よくあるトラブルだと、予算が足りないのに追加料金を請求される、成功率が低くもうあきらめようとしている依頼者に対して、まだ見込みはあると無理に工作を続けようする、などが多いです。「お金をもっと出すから、必ず復縁させて」という例のトラブルは、一般的なトラブルと逆ということがわかるでしょう。どうしてこんなトラブルになったかというと、業者が最初に「確実に成功に導く」「お金をかければかけるほど成功率が上がる」などと言ったからでしょう。

しかし、途中で業者はこの復縁は成功しそうにない、ということに気づいていたけど、依頼者に強く要求され、できないといえば詐欺になる、という状況なのです。業者任せにしない覚えておいて欲しいことは、復縁工作に「成功率100%」はあり得ないことです。でも、成功率を高めることはできます。それは、依頼者と業者が意思疎通を取って、お互い信頼し合うことです。いくらお金をかけても成功に導けないこともありますが、その時は、どうしたら良いのか一緒に考えることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です