復縁工作の成功率を高めるには何をすべきか


相手とよりを戻すために、復縁工作を依頼する人がいます。ただ単純にプロに依頼すれば成功するというものではありません。依頼する人も、できることを行わなければ、復縁できる可能性が低くなります。一体どんなことをすれば、成功率を高められるのでしょうか。

<相手の事を研究する>
復縁を望んでいる人は、何らかの理由から恋人やパートナーと別れてしまった人です。別れた原因の多くは、お互いの気持ちのすれ違いです。つまり、相手の感情が理解できず、気持ちが離れていってしまったということです。復縁を望むのは大抵振られた側ですから、つまり、相手の感情を理解しないまま、ずるずる過ごしてしまった可能性が高いです。まずは、なぜ相手は自分と別れようと決めたのか、突き止めましょう。相手の顔色が変わる瞬間が無かったか、まずい発言や行動をしていないか、思い出すのです。そうすることで、どこに相手が嫌な気持ちになったのか、気持ちが離れていったのかが、徐々に分かってきます。まずは、相手のことを研究し、どんな人が好きなのか、どんなことをされたら嫌なのかを把握しなければなりません。そうでなければ、仮に復縁しても上手くいかないからです。

<自己改革をする>
別れに至った要因は、お互いにあるかもしれません。でも、もし復縁を望むのであれば、まずは自分を変えることから始めましょう。自分と向き合うのは、特に辛いことがあります。でも、その嫌な部分を直さなければ、相手は自分と復縁してくれません。頑張って自分を変えれば、相手にも認めてもらえ、同時に自分のために変わってくれたんだと、その愛の深さを伝えることができます。今までの会話や、LINE・メールなどを読み返すのも手です。自分にはどんな欠点があり、それが相手にどう感じられていたのかを客観的に見つめ直し、自己改革していきましょう。それが、復縁工作の成功率を上げる秘訣であり、復縁後も長く付き合うことができるようになります。依頼をした後に、業者に全部を任せっきりではいけません。その間に、相手にもう一度自分を好きになってもらえるよう、できる限りのことをしておく必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です