『対象者が海外にいる場合の復縁工作料金』


復縁工作の工作員は、高度な技術とさまざまな方法を駆使して対象者に近づきます。
例えば、対象者が通っているジムに入会したり、英会話教室に生徒として潜入したり、職場のスタッフとして働いたり、対象者と接触するためにあらゆる手段を使います。

そして、工作員と対象者の人間関係を築いていき、工作員は対象者にとって大切な人、という意識をもってもらうように導くのです。
対象者の心を動かすには、工作員は信頼できる存在であり、広い才能も備えている必要があるのです。

■対象者が海外にいる場合の問題

対象者が海外に滞在している場合は、工作員も対象者のいる国へ行き、そこで工作を進めないといけません。
日本からどんなに遠い国でも、現地で工作を行わないと復縁を成功させることは難しいので、工作員をその国へ派遣することになります。
そのため、工作に必要な料金に、海外への渡航費や滞在費が加算されることになり、ただでさえ高額な復縁工作の相場より、大幅に高い料金になってしまいます。
復縁するためなら問題ない、という依頼者なら良いのですが、たいていの人にとってはかなり苦しい出費になるでしょう。

それに、海外へ工作員を派遣する場合は、工作員の語学力が必要になります。
工作員を現地に派遣しても、言葉が通じなかったら全く意味がないので、工作を行う前に必ず確認してください。
比較的、大手の復縁工作業者は、それぞれの国の言語が堪能なスタッフを在籍させています。

■対象者が遠方にいる場合に気を付けること

海外でなくても、対象者がかなり遠いところにいることもあるでしょう。
その場合も、業者の事務所から遠方に調査員や工作員を派遣するとなると、交通費や滞在費がかなり高くなってしまいます。
でも、全国各地に事業所がある全国規模の業者なら、遠方までスタッフを派遣しなくても、近くの事業所が対応できるので、料金を大きく抑えることが可能です。

これらのことから、対象者が海外や遠方にいるケースでは、業者の選び方によって、成功率や料金に差が生じるので、業者選びには十分に気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です