復縁工作の料金内訳


復縁工作は、一般的に100万円から300万円がかかると言われております。300万など、人によっては年収分の金額です。そんなにも、なぜお金がかかってしまうのか、疑問に思われる人もいらっしゃるでしょう。こうした業界では、料金が高くなることは当たり前となっておりますが、どういった事に費用がかかっているのか、細かな料金内訳などはあまり知られていないのです。

<復縁工作にかかる費用>
復縁工作を行うためには、まず調査のための期間、それから実際に工作を行うための期間に分かれております。まず調査するためには、調査員が必要となるため、人件費が必要となります。調査費、車両代、ガソリン代、移動に関する費用などが必要となります。また、一日中尾行をすることもあるため、飲食代や雑費など、細かな費用もかかってきます。基本的には調査員は、全て領収書をもらうため、依頼人にはどんなことに費用がかかったのか分かるようになっております。次に、工作を行う上での費用です。

先ほど述べたような、交通費と飲食代がメインとなります。違いが表れるのは、工作員を雇う費用の面です。しかも、工作員は、探偵社などに勤めている人ではなく、外部から雇うこともあるため、その分高くつくことがあります。どんな人が工作員にふさわしいか吟味をし探すので、調査員の人件費よりも高くなってしまいます。だから、調査費用は十数万で済むのに、工作費用100万円近くなってしまうことが多いのです。

<調査にかかる費用の相場>
探偵社は、復縁工作よりも、浮気調査や身辺調査などが一般的な業務です。一般的に、浮気調査にかかる費用は、1時間あたり1万円から3万円が妥当と言われております。やはり調査するのに、相手を尾行したり、聞き込みをすることになるため、探偵自身も相当のリスクを負います。つまり、時間に対しての費用と合わせて、危険なことを行ってもらうその対価として支払うという意味合いが大きくなります。復縁工作も同じことです。調査員や工作員は、少なくとも何かしらのリスクを負って業務を行ってくれます。だから料金が高くなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です