『対象者が海外にいる場合の復縁工作料金』

復縁工作の工作員は、高度な技術とさまざまな方法を駆使して対象者に近づきます。
例えば、対象者が通っているジムに入会したり、英会話教室に生徒として潜入したり、職場のスタッフとして働いたり、対象者と接触するためにあらゆる手段を使います。

そして、工作員と対象者の人間関係を築いていき、工作員は対象者にとって大切な人、という意識をもってもらうように導くのです。
対象者の心を動かすには、工作員は信頼できる存在であり、広い才能も備えている必要があるのです。

■対象者が海外にいる場合の問題

対象者が海外に滞在している場合は、工作員も対象者のいる国へ行き、そこで工作を進めないといけません。
日本からどんなに遠い国でも、現地で工作を行わないと復縁を成功させることは難しいので、工作員をその国へ派遣することになります。
そのため、工作に必要な料金に、海外への渡航費や滞在費が加算されることになり、ただでさえ高額な復縁工作の相場より、大幅に高い料金になってしまいます。
復縁するためなら問題ない、という依頼者なら良いのですが、たいていの人にとってはかなり苦しい出費になるでしょう。

それに、海外へ工作員を派遣する場合は、工作員の語学力が必要になります。
工作員を現地に派遣しても、言葉が通じなかったら全く意味がないので、工作を行う前に必ず確認してください。
比較的、大手の復縁工作業者は、それぞれの国の言語が堪能なスタッフを在籍させています。

■対象者が遠方にいる場合に気を付けること

海外でなくても、対象者がかなり遠いところにいることもあるでしょう。
その場合も、業者の事務所から遠方に調査員や工作員を派遣するとなると、交通費や滞在費がかなり高くなってしまいます。
でも、全国各地に事業所がある全国規模の業者なら、遠方までスタッフを派遣しなくても、近くの事業所が対応できるので、料金を大きく抑えることが可能です。

これらのことから、対象者が海外や遠方にいるケースでは、業者の選び方によって、成功率や料金に差が生じるので、業者選びには十分に気を付けましょう。

『初歩的だけどつい忘れがちな、復縁工作を依頼する時の注意点』

■復縁工作を依頼する選択は、何もおかしなことではありません

もし、大切な人、大事な人と別れてしまったら、どうしますか?このコラムを見ているということは、おそらく、悲しいけれど別れることとなってしまい、それでも諦めたり、忘れることができずに復縁工作を業者に依頼することを考えているのではないでしょうか。復縁工作を依頼することは、幾つか注意すべき点はありますが、決して間違えた選択ではありません。それだけ復縁したい気持ちが強いということであり、またその復縁のために友人や知人などの誰かの力を借りることができなかったり、自分の力でも難しいという状況や場合に立っているということだと思います。そこで、先ほどチラッと書いた、復縁工作を依頼する際の注意点の一つについてここで紹介したいと思います。

■復縁工作を依頼する注意点:「話を聞こう」

何事もそうですが、復縁工作を業者に依頼する場合は、その担当をしてくれる人の話をよく聞きましょう。復縁を望む焦りから、担当者の話をよく聞かずに依頼をするのは避けよう、という意味です。復縁工作を業者に依頼すると、百万円単位のお金がかかります。なぜそのような曖昧な表現をするかと言うと、復縁工作にかかるお金というのは、状況によって大きく変わるからです。それは、どういった別れ方をしたり、どんな原因で別れたのか、などの様々な条件や状況、ケースによって難易度が変わりまして、その難易度によってかかるお金がかなり違うんです。だからこそ、担当してくれた人の話は、頭を冷やした状態でちゃんとよく聞くことに注意してください。また、担当者から復縁を叶えるに際してアドバイスであったり、提案をなされることもよくありますので、そうした親切心や誠意から向けられる言葉というのも、ちゃんと聞き、自分にフィードバックさせるようにすることも大事なことです。こうしたことを注意することが、復縁を実現することの可能性を引き上げてくれることなのです。百万円単位のお金がかかることもそうですが、「ま、復縁は実現しなくてもいいかな」なんて思って復縁工作を依頼する方はいないと思いますので、自分から復縁の可能性を低くすることがないよう、また損をしないように頭を冷やしてよくよく人の話を聞くようにしてください。

カテゴリー: irai

『「自分を見つめ直す』という復縁工作の成功率を上げるススメ』

■愛情があったからこその感情

自分からだけでなく向こうからの愛も感じ、愛し合いながら二人で生きていくことを考えていたのに、その相手と別れることになってしまったら……虚しさがすごくありますよね。そのような相手とよりを戻し、復縁したいと考えた中で、復縁工作を復縁屋と呼ばれる存在に頼る行動を取ろうかと考えている方もいることと思います。当たり前のことですが、復縁屋に依頼するのなら復縁の成功率が高い方がいいですよね。そんな復縁工作の成功率についてアドバイスをさせてください。

■実際のところの復縁工作の成功率

復縁屋に復縁工作を依頼する際の成功率というのは、依頼主次第です。というのも、依頼主と復縁対象者との間でどういった原因で別れたのかなど、それぞれで千差万別なものなので、一概に「復縁は何十パーセントでできます」ということは言えないのが現実だからです。復縁というのはそういうものですから、逆に言うと、「これだけの割合でできるので大丈夫です」という業者や担当の人だと、少し怪しいというのが本音です。業者や担当してくれる人に信頼や信用を置くかを判断する材料として、以下のような声をかけてくれたり、話をしてくれるか、というチェックポイントを紹介します。

■復縁工作の成功率を上げる考え方

復縁を叶える上で、重要なのは「自分を見つめ直すこと」で、そうして自分を見つめ直した中で、「ここは変えないと」や「こういう悪いところがあるな」と思うことが肝心なんです。なぜかと言えば、双方にせよ、片方にせよ、どこか気になるところや嫌だなと思うところがあって別れるという結果になってしまったと思うのです。そうした気になるところや悪いところをどういう形であっても変えようとしなければ、復縁できませんし、また復縁したとしてもかなりの確率で再度別れることとなってしまいます。学生時代の試験で言えば、間違えたところを放置していれば、再び試験をしても同じところを間違えてしまいますよね。それと同じことで、その別れた事実や結果の中から、どこが悪かったのかを見つめ直し、それを少しずつでも直していく意識や意志が大事なんです。そうした意識や意志を持つことが、復縁工作の成功率を上げられる条件となります。このような考え方を教え伝えてくれるか、というのを担当してくれる人のチェックポイントの一つとして頭に留めておくことをオススメします。

『復縁工作の相場は数百万円だからこそ、よく考えるポイント』

■復縁工作を業者に依頼する?

抱いていた感情の種類や、大きさなどは人それぞれだと思いますが、特別に思っていた相手と別れることとなってしまった後に、復縁を希望されている方は多くいます。復縁を実現させるために、復縁工作を図ってくれる業者に依頼することを考えている方もいることだと思います。またそういった方々がこの記事を読んでくれているのだ、と勝手ではありますが想像しますので、復縁工作の相場も含めた情報や考え方などをお伝えしたいと思います。

■相場は、数百万円なんです

復縁工作を依頼した場合にかかる費用の相場は、おおよそ100万〜300万円。もちろんこれは相場ですから、正確な数字ではないことに注意が必要なのですが、どんなに安く済んだとしても100万円以上はかかると見ておかないといけません。当然ものにはよりますが、車一台は買えてしまう金額です。ですから、今一度依頼をするかよく考えてみてください。

■冷静に考えることのススメ

復縁工作を依頼することを考えている方の多くは、その復縁対象となる相手と自分との間に繋がりがあって頼れる友人や知人などがいない方、そしてそれに加えて自分一人では復縁を実現させるのが難しいという状況・切羽詰まった立ち位置に置かれている方です。ですから、復縁屋に依頼するしか方法がない、という状況にあるかと思います。ですが、どれだけ安くとも100万円以上はかかりますし、復縁屋が判断する難易度によっては200万円台かもしれませんし、300万円近くかもしれません。それらの金額は、もし復縁を実現できたとしても、例えば、その後の二人の生活であったり、将来のことを考えた場合、とても大きな負担となる金額だと思うのです。復縁工作を実現するために、本当に業者に依頼するかを、冷静な判断力を持って考えるようにしてください。そうして考えた上で、復縁工作を依頼することを決めたのなら、業者の担当者と共に復縁を目指し、頑張ってください。依頼することを決めかねる、迷っているという方は、業者の方に相談をしてみて、話を聞いてから考え、判断するというのでももちろんいいので、何はともあれ、「冷静な判断力を持ってよく考える」ということはしっかりと押さえておくべきポイントですよ。どうかこの点を、頭に置くように心がけてください。

『復縁工作の料金って、何にかかってるの?』

■復縁を目指し、調べているのではないでしょうか

大切な方との別れを迎えてしまい、けれどその方と関係を戻したい、つまり復縁を望んでいる、あるいは目指している。そしてその中でも、復縁工作を業者にお願いしようかと考えている方々が、そのための情報収集の一環として、このコラムを読んでくれているのではないかと勝手ですが想像しております。復縁工作の料金について調べ、検索していると、その相場の情報として「100万円から300万円ほどである」と書かれていることが多いかと思います。その復縁工作にかかる料金というのが、何が含まれ、そういった料金となるのか、それをこのコラムを通じてお伝えしたいと思います。

■復縁工作の料金内訳

復縁工作の料金には様々な費用が含まれています。一番考えやすいのが、調査する人の「人件費」です。その他にも、復縁対象者を調べる際に発生する「調査費」を始め、その調査にかかるガソリン代や高速代などを含めた移動にかかる代金の「交通費」なども費用に含まれるのです。当然のことながら、調査にかかる費用や実際に復縁対象者と接触を図り、復縁工作をする上で必要経費が発生するごとに料金は増えていきます。こうした様々な状況でかかる費用、多岐にわたる諸経費で復縁工作にかかる料金、となるわけです。

■復縁工作と浮気調査の比較

復縁工作というのは探偵が請け負ってくれることが多いのですが、同じ探偵が請け負う依頼内容でも、復縁工作は浮気調査よりも高い金額がかかります。なぜかと言えば、浮気調査は浮気をしているかを調査し、またその事実を書類などにまとめたところで終了し、依頼主の要望などがあればもちろん別となりますが、それ以上のことはしません。ですが、復縁工作は復縁対象者を調べ、どういった復縁工作をすれば高効率で、かつ高確率で復縁をできるのか、ということの調査の後に、浮気調査とは異なり復縁工作を図るという実際の行動に移すことになります。となれば、それだけの「手間賃」や「人件費」がかかることは想像できますし、それに再度関係を戻すための復縁工作は難易度が高いので、そういった意味でもそれらの費用が高額になることも想像しやすいですよね。復縁工作の料金内訳というものには、こういった背景や考え方があるものなんです。こういった情報が少しでもお役に立てて、また助力になれれば筆者として幸いであります。

復縁工作を依頼した際に絶対にやってはいけないこと

復縁工作を依頼している間は、依頼者は自身の行動に注意をしなければいけませんが、「第三者に口外しない」ということも大事なポイントの1つです。
せっかく成功まであと一歩というところまでいったのに、ちょっとのことで失敗してしまうことがたくさんあります。
その原因の1つが、依頼者が復縁工作を業者に依頼していることが相手本人や周囲の親しい人間、家族にバレてしまうケースです。そんなことが相手にばれてしまえば、かえって反感を買い、嫌悪感を増幅させてしまい、接触すらできなくなってしまいます。
依頼中は、業者に復縁工作を依頼していることや業者の名前が第三者にばれないように、絶対に口外をしないことを守りましょう。名刺やスケジュール帳は誰にも見られないように、厳重に管理しておきましょう。
家族や親友にも口外してはいけません。
人の秘密というものは、他人は守りません。つい口に出してしまったことで共通の友人に漏れてしまい、まわりまわって相手本人の耳に入る可能性があるということも頭に入れておきましょう。
家族に言ってしまえば、聞いた家族は心配のあまり、誰かに相談するかもしれません。

厳重に管理が必要なもの
・復縁工作業者の名刺
・報告書
・業者とのメールの送受信記録
・業者との電話の通話履歴
・業者からの郵便物

メールの送受信や電話の通話履歴などをのぞいて見る人はいないから大丈夫だと思っていても、いつ何のきっかけで見られないとも限りません。念には念を入れて、メールの送受信や通話履歴は、必要がなくなったらすぐに削除しましょう。
自分を守るためです。

そして、日頃の態度にも気をつけましょう。何かを隠している素振りなどしないで、自然に振る舞いましょう。ソワソワと落ち着きのない態度をとったり、不安のあまりふさぎ込んだりしないようにして、少しでも勘ぐられないように、いつも通りの態度で周囲に接しましょう。
せっかく成功しそうだったのに、相手本人だけでなく、相手の友人や家族にばれたことで失敗になるなんて、それまでの努力が水泡に帰してしまいます。
自分の軽率さでそのようなことにならないために、依頼中の行動は慎重に、情報管理は徹底しましょう。

カテゴリー: irai

復縁工作の成功率アップの秘訣

世の中には、さまざまな悲喜こもごもの別れがあります。
男女の間にも、円満な別れもあれば、修羅場になる別れもあります。
泣いてすがるのは多くが女性ですが、まれに男性の方が未練たらたらで女性にすがってしまうケースもあります。
そのような別れをした男女の復縁工作成功率は、あまり高くありません。未練がある方は何としても復縁したいと思いますが、振った方は相手の往生際の悪さが悪印象にしか残っていなくて、顔も見たくないと思っている場合が多いからです。

復縁工作の成功事例を1つ紹介します。男性の方が女性に未練があるので復縁工作を依頼してきたケースです。
ケンカをした挙げ句に、男性が自分の携帯電話を壁に叩きつけたのがきっかけで、女性の方から別れを切り出しました。男性の「携帯電話を叩きつける」という行為に恐怖心を抱き、女性はキッパリと別れを通告して、その後音信不通になりました。
男性は何度もメールを送り続けた結果、ストーカー扱いされて警察沙汰になる寸前だったということです。
あきらめきれない男性は、復縁工作業者を訪れました。

このケースでは、女性の恐怖心を払拭することが最初の一歩なので、業者は時間をかけて進めることにしました。スタッフが立てたプランは、彼女に嫉妬心を起こさせることでした。
別れてから数ヶ月後に、彼女の退勤時間を見計らって、依頼者の男性と工作員の女性が仲良く歩いている姿を、職場のそばで彼女にバッチリ見せたのです。
案の定、翌日彼女から「あの時はごめんね」というメールが届きました。彼女をじらすために、依頼者には翌々日に返信をしてもらったところ、彼女の方から食事に誘う返信メールが。
そして一緒に食事をし、お酒を飲んで、あとは復縁成功となりました。

このケースは、業者の作戦も功を奏しましたが、依頼者と業者がこまめに連絡を取ったことと、依頼者が業者のアドバイスを素直に聞いて従ったことも、成功に導いた大きなポイントです。
業者は依頼者のために、あの手この手を考えて最良のプランを練ります。依頼者は業者を信じて、プロのアドバイスに素直に従うことが、成功率アップのためには大切なことです。

復縁工作を依頼する際に気になる「料金相場」

復縁工作業者に復縁を依頼したいと思ってはいるが、相場が気になり、高かったらどうしようと、業者のドアをたたくのを躊躇している人が多いのではないでしょうか。
復縁工作の相場はハッキリしていません。目に見えてカタチのある商品を売るのではなく、目に見えないサービスや価値を売っているからです。
業界にも料金の規定はなく、各業者が自由に料金設定をしており、また、業者によってサービス内容、能力、スキルなどが違うので、料金も違います。
依頼内容も、簡単に解決できそうな難易度の低いケースから、情報収集に時間がかかり、遠距離の移動や高度なテクニックなどが必要な難易度が高いケースまで、実にさまざまです。
依頼内容・難易度によって細かく料金が違ってきます。
安いに越したことはありませんが、でも、安かろう悪かろうでは困りますね。
安くてもサービスの質・内容が悪ければ、何のためにお金を払うのかわかりません。

復縁工作を依頼する人は、別れた人と復縁することを切に願っていて、自分の力ではどうしようもできないので、切羽詰まって業者に依頼をするのです。
ここで大事なのは、復縁するということが、依頼者にとっていかに価値があるものなのか、ということです。
高いお金を払ってでも、有能な業者に依頼して、別れた人と復縁できるなら、その価値はお金には替えられません。自分一人では成功できなかった復縁が、ビジネスとはいえ第三者の力を借りて、叶えられるのです。
人の気持ちを動かすのは、大変な努力を必要とします。依頼者は、その努力に対してはお金を惜しまないでしょう。それがいかに困難だったのかを、自分でもよくわかっているからです。
周りから見れば、そんなことに高いお金を払ってバカらしいかもしれませんが、本人にとってはそれだけの価値があることなのです。

もし、業者で見積もりを出してもらって、そんな高いお金は出せないと思ったら、依頼はしない方が良いでしょう。その人にとっては、復縁とはその程度の価値だからです。
復縁工作の相場は一般的に高いと思いがちですが、復縁成功という価値に対して、高いと思うか、安いと思うかは、その人次第ということですね。

復縁工作の「パック料金」には注意!

復縁工作の料金システムは業者がそれぞれ設定しています。
一カ月いくらというパック式の料金システムの業者もいますが、それには気をつけましょう。
他の業者より安いからと、パック料金を設定している業者に復縁工作を依頼した女性のケースを紹介します。

契約と同時に、一カ月間の工作がスタートしたはずなのに、忙しいからと言って実際には契約後8日も過ぎてから初回調査が開始されました。相手の退勤後の詳細な行動調査報告書が画像付きで、その数日後には送られてきました。
引っ越した相手の住所も調べられており、元気な姿の画像も確認できて、これなら任せても大丈夫だと安心していましたが、その後の報告がいつまで待ってもありません。
とうとう待ちきれずに担当者にメールで問い合わせたところ、やっと数日後に返信が届きましたが、その内容は、本当に調査をしたのだろうかというような簡単な報告でした。

彼女は納得がいかないので、業者に電話をしましたが、何度かけても「担当者は不在」の一点張りで、連絡が取れませんでした。
連絡が取れないまま契約期間の一カ月が過ぎて、何の報告も成果もなく契約は終了してしまいました。

これはパック料金で安いお金を先に払ってしまい、結局泣き寝入りをしてしまった極端なケースです。安いとはいえ、何十万円という額です。
業者はまとまったお金が手に入れば、しめたもの。最初だけ信用させるために、いかにも調査をしています的な報告書を送ってきますが、契約期間いっぱいまで何もせずに引っ張っておきます。もし依頼者がもっと詳しい調査をしてほしいと言うのなら、さらに追加調査のための料金を請求するというパターンです。
彼女の場合は悪い業者につかまってしまったとあきらめて、追加調査は頼まなかったようですが、パック料金システムには気をつけてください。
調査をするのにも、移動するのにも、スタッフが知恵を絞ってプランを考え工作をするのにも、それぞれすべてに料金が発生します。業者にはそれが仕事ですから、当然のことです。
安さにつられて安易にパック料金に飛びつかないようにしましょう。

復縁工作を依頼する際に見落としてはいけないこと

■復縁工作を依頼する前に

復縁工作を依頼しようと思ったときに、事前に行っておいた方が良いことにはどんなことがあるのでしょうか?
復縁工作を行う業者の増加と共に、特に資格を必要としないために悪徳業者の被害も数多くあります。自分がそうした被害にあわないためにも、悪徳業者の手口や特徴を知っておくことは大切です。
復縁したいという気持ちばかりが先行してしまっていると、冷静な判断が鈍ってしまうことがありますので、可能であれば信頼できる家族や友人に相談することも大切です。

■悪徳業者の手口を知っておく

それでは、悪徳業者の具体的な手口についてご紹介しておきましょう。手口を知っておくことで相談を受ける際のチェックポイントにもなります。

1.高い成功率を公表している。
2.探偵業としての「営業許可証」の提示を求め理由をつけて提示されない。
3.高額な商品を売りつけようとする。
4.契約書や見積書を書面で渡さない。

仮に、営業許可証が提示されて契約書などを書面で渡してもらったとしても、復縁工作の成功率を90%とかうたっていたり、「必ず復縁できます」とうたっていたりする場合は注意が必要です。

■悪徳業者かどうか見分ける方法

それでは、悪徳業者かどうか見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?次の点を確認してみてください。

1.探偵業としての「営業許可証」を持っている。
2.費用の内訳の詳細が明確で書面に記載されている。
3.復縁の定義が明確にされている。
4.無理なローンを勧めてこない。
5.所在地や代表者、連絡先が明確にされている。

中でも、「復縁の定義」については人によって違ってきますので、事前に確認しておくことが重要なポイントになってきます。
ある人にとっては、別れる直前の関係に戻ることが復縁かもしれませんし、離婚してしまった人にとっては再び交際を始めた時点で復縁かもしれませんし、再婚した時点で復縁かもしれません。この定義を事前に擦り合わせを行わないままでいると、業者側から成功のハードルを低くすることが可能になってしまいます。特に成功報酬金が設定されている料金体系の場合は注意が必要です。

カテゴリー: irai