復縁工作を依頼して失敗した事

復縁工作は、成功率が高くても50%程度と言われております。つまり半分近くの方は、復縁できずに終わってしまいます。つまり、せっかく依頼をしたのに失敗してしまったという経験を持つ人が、世の中にはたくさんいらっしゃるということです。では、失敗してしまった人は、どういったことが原因だったのでしょうか。その代表的なものを見ていきたいと思います。

<中途半端に介入してしまった>
プロの復縁屋に依頼工作中に、自分自身が勝手に介入してしまうことが、最も多い失敗の原因です。愛する人と少しでも早くよりを戻したいという気持ちは焦りを生みだし、我慢できずに自分から連絡を取ってしまったというケースが多々あります。業者からは、勝手に接近したり連絡することはしないよう注意されているにもかかわらず、行動を止められなかったことになります。これが原因で、相手との関係を余計に悪化させてしまったり、変な誤解をされて、復縁が限りなく難しくなってしまうのです。

また、契約している復縁屋との約束も破ってしまったということで、契約も終了してしまい、何も残らないで終わってしまったという、悲惨な結末を迎えてしまうのです。相手は、復縁のプロです。言われたとおりに行動し、必ず約束を守らなければなりません。お互いの信頼関係があってこと、復縁工作は成功へと導かれるのです。

<工作だと疑われてしまった>最も危険なのは、相手に工作がばれてしまった時です。通常、工作員が近づき、親密になってから、依頼者との関係を戻すように仕向けます。しかし、その過程で、相手方が不信感を抱き、工作だとばれてしまうことがあります。そうなると、依頼者との復縁は失敗に終わりますし、さらに距離を置かれてしまうことになります。

工作がばれたのは、復縁屋側に不手際があった、あるいは相手が鋭かったのかのどちらかになるのですが、いずれにせよ、ばれてしまったらそこで終了です。高い費用を払ったにもかかわらず、お金だけを失うことになってしまった。復縁工作に失敗するということは、そういった悲劇を招いてしまう結果になるのです。

カテゴリー: irai

復縁工作の成功率を高めるには何をすべきか

相手とよりを戻すために、復縁工作を依頼する人がいます。ただ単純にプロに依頼すれば成功するというものではありません。依頼する人も、できることを行わなければ、復縁できる可能性が低くなります。一体どんなことをすれば、成功率を高められるのでしょうか。

<相手の事を研究する>
復縁を望んでいる人は、何らかの理由から恋人やパートナーと別れてしまった人です。別れた原因の多くは、お互いの気持ちのすれ違いです。つまり、相手の感情が理解できず、気持ちが離れていってしまったということです。復縁を望むのは大抵振られた側ですから、つまり、相手の感情を理解しないまま、ずるずる過ごしてしまった可能性が高いです。まずは、なぜ相手は自分と別れようと決めたのか、突き止めましょう。相手の顔色が変わる瞬間が無かったか、まずい発言や行動をしていないか、思い出すのです。そうすることで、どこに相手が嫌な気持ちになったのか、気持ちが離れていったのかが、徐々に分かってきます。まずは、相手のことを研究し、どんな人が好きなのか、どんなことをされたら嫌なのかを把握しなければなりません。そうでなければ、仮に復縁しても上手くいかないからです。

<自己改革をする>
別れに至った要因は、お互いにあるかもしれません。でも、もし復縁を望むのであれば、まずは自分を変えることから始めましょう。自分と向き合うのは、特に辛いことがあります。でも、その嫌な部分を直さなければ、相手は自分と復縁してくれません。頑張って自分を変えれば、相手にも認めてもらえ、同時に自分のために変わってくれたんだと、その愛の深さを伝えることができます。今までの会話や、LINE・メールなどを読み返すのも手です。自分にはどんな欠点があり、それが相手にどう感じられていたのかを客観的に見つめ直し、自己改革していきましょう。それが、復縁工作の成功率を上げる秘訣であり、復縁後も長く付き合うことができるようになります。依頼をした後に、業者に全部を任せっきりではいけません。その間に、相手にもう一度自分を好きになってもらえるよう、できる限りのことをしておく必要があるのです。

復縁工作の相場は安定しつつある

今、復縁工作の相場は安定しつつあります。その理由としては、探偵業に対して法整備がなされたため、法外な料金を請求するということができなくなったからです。探偵業者が行っている業務内容は、どちらかというと目に見えないものを提供するため、実際にどれぐらいの費用がかかっているのか分かりにくい面があります。でも、法律が整備されたことで、相場が安定しつつあるのです。

<10年以上前は規制がなかった>
実は、探偵業に対して法規制がされたのは、つい最近のことでした。2006年6月8日に公布、そして翌年の6月1日から施行された、探偵業法が、日本で初めての規制法律だったのです。内容は、探偵業を開始する時に、都道府県の公安委員会に届け出や報告する義務を設けたこと。そして、守秘義務の業者規制と、依頼者への説明書面や契約書面の交付を義務付ける業務規制の二つが定められたのです。それまでは、探偵業者に対して規制がなかったため、探偵や信用調査会社を利用した人から、数々のトラブルが報告されておりました。

主な内容は、十分な調査をしてもらえなかった、法外な料金を請求された、というものです。中には、相談した探偵業から、話した内容をネタに恐喝されたなどという信じられないものもあります。それに歯止めをかけるために、規制が作られたという背景があります。

<正規に営業している企業であれば安心>
つまり、しっかりと都道府県に業務の届け出をしている探偵社や信用調査会社であれば、法外な料金を請求はできません。だから依頼する側としては、正規に営業している企業と契約すれば、ひとまず安心と言えるでしょう。そして、法で整備されたことで、ある程度、復縁工作に架かる費用の相場も安定しつつあります。現在は、100万円から300万円が一般的な相場とされております。そして今後も、この料金の間で安定し続けるのではないかと見られております。何事も、法規制というものは大事だということが分かりますね。一昔前は探偵社や信用調査会社というのはどこか怪しい雰囲気がありました。

しかし今はそんなことはなくなってきているのです。

復縁工作の料金を節約する方法

復縁工作は、想像以上にお金がかかるもので、多くの人が二の足を踏んでしまいます。ただ、誰しもが、別れた相手と復縁したいという思いは一度は持った事があると思います。もし十分なお金があれば・・・とお金の問題で諦めてしまった方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。確かに復縁工作にはお金がかかります。でも、それをできるだけ節約することができるのです。それは一体どんなやり方なのでしょうか。

<無料相談・無料見積もりを利用する>
この業務を行っているのは、ほとんどが探偵社です。探偵業は、依頼人からの相談を受け、依頼を受けるかどうかを決めます。そして相談の際には、依頼を受ける受けないにかかわらず、相談料を取っているところも多いのです。だから、普通の人は、支払うものだと思い込んでいる節があります。ただ、今は法律事務所などが積極的に無料相談を行っている時代です。業種こそ違え、探偵社も無料相談を行っているところが増えてきました。復縁工作業界も、まず無料相談で人を募り、そこで強く希望する人に、調査をするための契約を結ぶ、という流れが主流になっております。

相談したけれど、やはりやめておこうと思えば、そこで辞めることができます。それと合わせて、無料見積もりも積極的に利用したいところです。依頼内容を聞き、そこから復縁に導くまでに、どれほどの費用がかかるのかを、無料で見積もりしてくれる所があります。見積もりは、自身の予算と照らし合わせることができ、他社との比較材料にもあります。依頼者にとって非常に有益な情報になるのです。

<最初に上限額を伝えておく>
節約するのとは少し違いますが、自分の予算の上限を最初に業者に伝えておくのも一つの手です。あらかじめ上限決めておくことで、その範囲内で無理のないプランを組んでくれるところがあります。これだと、後から追加で料金を請求されることもなく、安心して任せておくことができます。復縁工作は、お金をかければかけるほど成功率が高くなるものではありません。ゆえに、節約できる部分は積極的に利用し、無駄な出費を省くことが大切です。

復縁工作の料金内訳

復縁工作は、一般的に100万円から300万円がかかると言われております。300万など、人によっては年収分の金額です。そんなにも、なぜお金がかかってしまうのか、疑問に思われる人もいらっしゃるでしょう。こうした業界では、料金が高くなることは当たり前となっておりますが、どういった事に費用がかかっているのか、細かな料金内訳などはあまり知られていないのです。

<復縁工作にかかる費用>
復縁工作を行うためには、まず調査のための期間、それから実際に工作を行うための期間に分かれております。まず調査するためには、調査員が必要となるため、人件費が必要となります。調査費、車両代、ガソリン代、移動に関する費用などが必要となります。また、一日中尾行をすることもあるため、飲食代や雑費など、細かな費用もかかってきます。基本的には調査員は、全て領収書をもらうため、依頼人にはどんなことに費用がかかったのか分かるようになっております。次に、工作を行う上での費用です。

先ほど述べたような、交通費と飲食代がメインとなります。違いが表れるのは、工作員を雇う費用の面です。しかも、工作員は、探偵社などに勤めている人ではなく、外部から雇うこともあるため、その分高くつくことがあります。どんな人が工作員にふさわしいか吟味をし探すので、調査員の人件費よりも高くなってしまいます。だから、調査費用は十数万で済むのに、工作費用100万円近くなってしまうことが多いのです。

<調査にかかる費用の相場>
探偵社は、復縁工作よりも、浮気調査や身辺調査などが一般的な業務です。一般的に、浮気調査にかかる費用は、1時間あたり1万円から3万円が妥当と言われております。やはり調査するのに、相手を尾行したり、聞き込みをすることになるため、探偵自身も相当のリスクを負います。つまり、時間に対しての費用と合わせて、危険なことを行ってもらうその対価として支払うという意味合いが大きくなります。復縁工作も同じことです。調査員や工作員は、少なくとも何かしらのリスクを負って業務を行ってくれます。だから料金が高くなってしまうのです。

復縁工作は依頼先に断られることもある

復縁工作は、必ず引き受けてもらえるものではありません。時には、依頼先から断られることもあることを把握しておきましょう。ただ、もともと100%で成功するものではないと誰しもが理解しております。だから仮に失敗しても、会社にとっては利益になることであり、是が非でも引き受けてくれそうですが、なぜ断られることがあるのでしょうか。

<のちのちのトラブルを回避>
工作員を接触させて、ターゲットの心をコントロールする、それが復縁工作です。第三者が他人の恋愛に介入し、一方の要望を叶えるために交錯する、これは人によっては嫌悪感を抱くでしょう。法的なトラブルになるケースもあります。だから、明らかにトラブルになりそうな事案であれば、会社側が断ることも考えられます。

例えば、相手がすでに別の人と結婚していたり、大物だったりすれば、大きな問題に発展しやすくなります。そうなったら、依頼を引き受けた側は、訴えられるどころか、営業停止になるリスクも負わなければなりません。復縁工作の成功有無に関わらず、工作を仕掛けることで明らかにトラブルになるという案件は、断られてしまうことがあるようです。元々法律ギリギリのところで行っている業界ではありますが、明らかな違法行為になる場合は、さすがに引き受けてくれないのです。

<大手や有名な探偵事務所の場合>
探偵事務所は、その規模は会社によってさまざまです。中には案件をたくさん抱えている、大手だったり、有名な企業もあります。その場合、依頼されても受付しないことがあります。なぜなら、復縁工作は、非常に手間がかかり、長期間に及ぶことがあるからです。工作を始めるにあたり、まずは依頼人と話し合いをし、対象者の調査を開始し、それから工作を開始します。

これだけでもわかるように、非常に手間がかかる仕事です。また、復縁までに時間も要するため、一つ受けただけで手一杯になってしまうのです。だから、大手などの忙しいところほど、簡単に引き受けてくれない可能性が高くなるのです。希望する人がいれば必ず引き受けてくれるものではなく、依頼先を探すことは意外に大変なのです。

カテゴリー: irai

復縁工作の難易度と成功率

復縁工作には、難易度を決めるところが多いです。それを決めているのは、依頼を受ける探偵社などの会社側です。相談を受けた会社が、打ち合わせや身辺調査を行っていき、依頼案件の難易度を決定します。そこから成功率がどれぐらいなのか決めていきます。では、難易度を決めるにあたってどんなことが重要になってくるのでしょうか。

<対象者と接触しやすいかどうか>
まず大事なのは、対象者といかに接触できる機会があるかどうかです。復縁工作は、会社によってはやり方は異なりますが、大体は決まっております。一番多いのが、工作員を派遣し、対象者と親密になっていき、復縁に導くというやり方です。工作員は、対象者の同性というケースもあれば、異性の場合もあります。まずは、親密になって相手の心境を知る、それから元サヤに戻る気持ちはあるのか、友人のフリをして探っていくのです。

よって、まずは対象者と接触できるかどうかが一番重要になります。もし、多忙な人だったり、警戒心の強い人などは、なかなか親しくなることができません。接触が難しければ、難易度は上がり、その分成功率も下がっていきます。接触しやすければ、それだけチャンスが増えるので、比較的成功しやすくなるのです。

<会社に委ねることができるか>

そして意外と大事なのが、依頼人が余計なことをしないということです。復縁屋は、復縁工作におけるプロだと言えます。どのようにすれば復縁がうまくいくかの計画を考え、依頼人とヨリを戻すように画策してくれます。しかし、もし余計な横やりが入ってしまったら、プランがつぶれ、失敗してしまう可能性があります。そしてその危険性が一番高いのが依頼人です。

復縁工作の進捗具合を聞いているうちに、自分で何とかできるのではないかと考え、どうしても会いたくなり、勝手な行動をしてしまう人がいます。そのせいで復縁工作であることが相手に知られてしまい、拒否されてしまうことがあります。大事なポイントは、依頼した会社を信用し、しっかりと任せることです。くれぐれも勝手な行動をし、計画倒れになってしまわないように注意する必要があります。復縁屋としっかりと計画を合わせることが、成功率を高めていく鍵でもあるのです。

復縁工作の相場は高すぎても安すぎても怪しい

復縁工作は、その案件の難易度によって金額が大きく変動するため、相場が付けにくい業務です。ただ、もし会社側が提示してくる相場費用が、高すぎる、あるいは安すぎる場合は要注意です。なぜなら、本来必要とする料金より多く請求されてしまう可能性があるからです。高すぎるのは分かりますが、安すぎることに越したことはないと思われるかもしれません。しかしそこに罠があるのです。

<金額のめどはつけておこう>
相場が分かりにくいとはいえ、金額が青天井になるわけではありません。ある程度、最低どれぐらいかかり、高くついてもこれぐらいで収まる、という金額はあります。復縁工作に関しては、最低100万円、高くても300万円という金額を一つの目安としましょう。

もちろん、復縁がスムーズにいったり、比較的短期間で成功した場合は、これより安くなります。そして、依頼人が成功する見込みがない依頼を長々と続けた場合は、300万円を超えてくる可能性はあります。ただ、一般的に1カ月から3カ月程度の期間が必要とされ、その間で復縁工作を終えるのであれば、100万円から300万円が妥当な金額と言えます。もし実際に復縁屋に依頼する時は、自分の予算をしっかりと告げ、それに合わせた工作をしてもらうようにしましょう。

<安すぎるのには罠がある>
さて、先ほど案内した相場よりも、圧倒的に安く広告している会社もあります。それこそ数十万でできます、といったところは気をつけましょう。なぜなら、後からさまざまな名目で追加料金を取られて、結果的に他よりも高くつく可能性があるからです。安く見せているのは、あくまで初期費用として提示されているだけかもしれません。それ以外に、工作員の日当や交通費など、諸経費を別で請求されることもあります。また、調査費用、工作費用、そして成功報酬と、全て別々で請求され、成功するまでにはいくらになってしまうのか分からない恐怖もあります。

もし安すぎる料金を提示してくる会社がいたら、その料金でどこまでサポートしてくれるのか、細かく確認が必要です。復縁工作に必要とされる相場より、大きく離れた金額を提示してくる復縁屋には、要注意してください。

復縁工作を依頼する際に気を付けたいこと

個々の状況は異なります
良い復縁工作の会社は、成功に至るための秘訣を知っていますし、結果が出る方法をよく知っています。当たり前のことですが、やり方が良いものでなければ結果は出てくれません。何かの請求作業を請け負う場合とは異なり、復縁できるかどうかは心理戦でもあり、ある意味では工作という言葉がぴったりの分野でもあります。それで、良い業者の場合、復縁工作の依頼を受けるにあたって綿密な調査を行います。すでに自社にはノウハウと経験が蓄積されているわけですが、そのような経験におごってしまうのではなく、相談者の状況を正確に把握するように努め、結果が出やすい仕方で調整していきます。良い業者の場合は面談をとても大切にしています。自分の役割を教えてくれる業者かどうか出てくるものの量は面談によって決まると言っても過言ではありません。復縁を希望して相談に出かけて行く方も、復縁のために自分がどんな役割を果たせばいいのかしっかりと理解しているわけではありません。だからこそ、業者のほうから「どんな協力をするべきなのか」親切に教えてあげなければなりません。

何でも話してくださいと言って上手に話せるわけではありませんから、巧みな仕方で復縁に助けとなる情報や、どんな方法で工作すればいいのか、その手掛かりとなるようなものを吸い上げる必要があります。自分の目線になって考えてくれるか相手の立場になって物事を考えるのは重要なことです。復縁工作を依頼する場合にも、依頼先がただ事務的にビジネスとして取り組んでくれるのではなく、1人の人間の幸せと福祉に対して真剣に取り組んでくれる方が嬉しいのではありませんか?個人に注目して、親身になっている姿勢は必ず仕事の質に関係してきます。素人がプロの素質を完全に見抜くのは難しいのですが、ある程度表面に出ているものだけをとっても、その方の人間性や資質はうかがえるものです。親身になってくれるプロなら、実際に工作が始まってからも、進捗について報告を怠ることがないと思います。結果が出ると信じているとはいえ、ある程度の時間は「待つ」時間になりますから、その期間を平安に過ごせるように配慮してくれるはずです。くれぐれも何も考えずに依頼することがないようにしてください。

カテゴリー: irai

復縁工作の相場と照らし合わせて選定する

大切なのは「それだけの価値があるかどうか」
会社によってサービスの内容やスタンスが異なるのは、復縁におけるサポートをしている会社も同じです。依頼者は自由に契約する会社を選べるわけですから、良い会社を選ぶか不満の残る会社との契約締結になるのか、それはある意味では自己責任と言えます。あまりにも復縁工作の相場を気にし過ぎて、「高い」、「安い」という判断になると、肝心の質に目がいかなくなってしまいます。まずは気になる復縁をサポートしてくれる会社とコンタクトを取ってみて、報酬などを確認したうえで、「価値があるかどうか」という観点で評価してください。

まず担当者に会う努力をする復縁工作を進めていくにあたって、まずはカウンセリングが必要になります。会社によってはカウンセリングを無料にしているところもあります。重要なポイントとして、できる限り契約する前に担当者、つまり工作をしてくれるプロと直接会って話してみるということです。会社によっては、事務的な手続きやカウンセリングをすべてアシスタントに任せて、依頼するまで担当者と面会できないケースもあります。しかし大切なのは信頼関係を育むことですから、あまり良心的とは言えません。できることなら、早い段階で「担当者に会いたい」という意思を表示してください。

会社の全体的なスタンスに好感を持つことができても、担当者に好感を持つことができないという場合もあると思います。その気持ちが強いなら、やはり自分の気持ちに正直になって、他の会社を探してみるか、または違う担当者と面会することが可能か確かめてみることができます。安心してゆだねるためにできること結局のところ、大きなカギを握っているのは工作員です。だからこそ、心から工作員を信頼することによって、ある程度の期間をかけて復縁に向けて進んでいくとしても、平安な思いで過ごすことができるのです。納得のいく仕事をしてくれて、しかも成功へと導かれるなら、「本当にお金を出してよかった」と思えるはずです。決して安い契約ではないわけですから、本当に払いたいと思って払えるように、契約する前にしておくべきことをしておきましょう。高いか安いか、それは相対的な評価になりますが、良いサービスにはお金で判断できない価値があるものです。