不倫の相談を電話でする際に気を付けた方が良い事


世間一般的に見るとあまりいい印象ではない不倫ですが、悪い事だと分かっていながらも相手を思う気持ちを捨てられずに、つい不倫の関係を続けてしまう。
そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
内容が内容だけに、なかなか人に打ち明ける事が難しいと考えてしまいがちですが、かと言って一人で悩んでいても解決する事はできませんよね。
もしも自分だけではどうしても抱えきれないと感じてきたら、誰かに相談してみるのも良いでしょう。

■まずは状況整理をしっかりと

誰かに相談するのも良いですが、その前に必ずしっかりと自分の置かれている状況を整理しておくことが大切です。
そして今後自分がどうしていきたいのかという事も考えておかなければ、たとえ誰かに相談できたとしても、的確なアドバイスをもらう事は難しいでしょう。
不倫という一筋縄ではいかないような問題ですので、なかなか状況を整理して他人に説明するのは難しいかもしれませんが、本人であるあなたが状況を理解していなければ、当然他人である相談者だってどうしたら良いのかなんてわかりません。
相談する前に、紙に書きだすなどしてきちんと他人にも説明できるようにしておきましょう。

■電話ではこちらの表情は伝わらない

電話で相談をする場合、気を付けておかなければならないのが、こちらの表情やしぐさまでは相手に伝わらないという事です。
電話だとお互いの顔が見えないので、言葉だけのやり取りになってしまいますよね。
そうすると言い方に注意しなければ、相手に誤解を与えてしまう可能性があります。
直接会って話す時には、こちらの表情やしぐさでなんとなく感情を読み取ってもらう事ができますが、電話だとそうもいきません。
その点を理解しておかないと、相手に伝わる事も伝わらずにストレスとなってしまったり、間違ったアドバイスをもらう事になってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

■まとめ

不倫というセンシティブな内容の相談は、きちんと信頼できる人に相談しなければなりません。
そうでないと、周りに知れ渡り何もかも失ってしまうなんていうリスクも考えられるんですね。
もしも周りに信頼できる人がいないというのであれば、恋愛電話相談を利用してプロの相談員からのアドバイスをもらうというのも良いかもしれませんね。

カテゴリー: irai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です