復縁工作を依頼した際に絶対にやってはいけないこと


復縁工作を依頼している間は、依頼者は自身の行動に注意をしなければいけませんが、「第三者に口外しない」ということも大事なポイントの1つです。
せっかく成功まであと一歩というところまでいったのに、ちょっとのことで失敗してしまうことがたくさんあります。
その原因の1つが、依頼者が復縁工作を業者に依頼していることが相手本人や周囲の親しい人間、家族にバレてしまうケースです。そんなことが相手にばれてしまえば、かえって反感を買い、嫌悪感を増幅させてしまい、接触すらできなくなってしまいます。
依頼中は、業者に復縁工作を依頼していることや業者の名前が第三者にばれないように、絶対に口外をしないことを守りましょう。名刺やスケジュール帳は誰にも見られないように、厳重に管理しておきましょう。
家族や親友にも口外してはいけません。
人の秘密というものは、他人は守りません。つい口に出してしまったことで共通の友人に漏れてしまい、まわりまわって相手本人の耳に入る可能性があるということも頭に入れておきましょう。
家族に言ってしまえば、聞いた家族は心配のあまり、誰かに相談するかもしれません。

厳重に管理が必要なもの
・復縁工作業者の名刺
・報告書
・業者とのメールの送受信記録
・業者との電話の通話履歴
・業者からの郵便物

メールの送受信や電話の通話履歴などをのぞいて見る人はいないから大丈夫だと思っていても、いつ何のきっかけで見られないとも限りません。念には念を入れて、メールの送受信や通話履歴は、必要がなくなったらすぐに削除しましょう。
自分を守るためです。

そして、日頃の態度にも気をつけましょう。何かを隠している素振りなどしないで、自然に振る舞いましょう。ソワソワと落ち着きのない態度をとったり、不安のあまりふさぎ込んだりしないようにして、少しでも勘ぐられないように、いつも通りの態度で周囲に接しましょう。
せっかく成功しそうだったのに、相手本人だけでなく、相手の友人や家族にばれたことで失敗になるなんて、それまでの努力が水泡に帰してしまいます。
自分の軽率さでそのようなことにならないために、依頼中の行動は慎重に、情報管理は徹底しましょう。

カテゴリー: irai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です