復縁工作を依頼する際に見落としてはいけないこと


■復縁工作を依頼する前に

復縁工作を依頼しようと思ったときに、事前に行っておいた方が良いことにはどんなことがあるのでしょうか?
復縁工作を行う業者の増加と共に、特に資格を必要としないために悪徳業者の被害も数多くあります。自分がそうした被害にあわないためにも、悪徳業者の手口や特徴を知っておくことは大切です。
復縁したいという気持ちばかりが先行してしまっていると、冷静な判断が鈍ってしまうことがありますので、可能であれば信頼できる家族や友人に相談することも大切です。

■悪徳業者の手口を知っておく

それでは、悪徳業者の具体的な手口についてご紹介しておきましょう。手口を知っておくことで相談を受ける際のチェックポイントにもなります。

1.高い成功率を公表している。
2.探偵業としての「営業許可証」の提示を求め理由をつけて提示されない。
3.高額な商品を売りつけようとする。
4.契約書や見積書を書面で渡さない。

仮に、営業許可証が提示されて契約書などを書面で渡してもらったとしても、復縁工作の成功率を90%とかうたっていたり、「必ず復縁できます」とうたっていたりする場合は注意が必要です。

■悪徳業者かどうか見分ける方法

それでは、悪徳業者かどうか見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?次の点を確認してみてください。

1.探偵業としての「営業許可証」を持っている。
2.費用の内訳の詳細が明確で書面に記載されている。
3.復縁の定義が明確にされている。
4.無理なローンを勧めてこない。
5.所在地や代表者、連絡先が明確にされている。

中でも、「復縁の定義」については人によって違ってきますので、事前に確認しておくことが重要なポイントになってきます。
ある人にとっては、別れる直前の関係に戻ることが復縁かもしれませんし、離婚してしまった人にとっては再び交際を始めた時点で復縁かもしれませんし、再婚した時点で復縁かもしれません。この定義を事前に擦り合わせを行わないままでいると、業者側から成功のハードルを低くすることが可能になってしまいます。特に成功報酬金が設定されている料金体系の場合は注意が必要です。

カテゴリー: irai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です