復縁工作を依頼して失敗した事


復縁工作は、成功率が高くても50%程度と言われております。つまり半分近くの方は、復縁できずに終わってしまいます。つまり、せっかく依頼をしたのに失敗してしまったという経験を持つ人が、世の中にはたくさんいらっしゃるということです。では、失敗してしまった人は、どういったことが原因だったのでしょうか。その代表的なものを見ていきたいと思います。

<中途半端に介入してしまった>
プロの復縁屋に依頼工作中に、自分自身が勝手に介入してしまうことが、最も多い失敗の原因です。愛する人と少しでも早くよりを戻したいという気持ちは焦りを生みだし、我慢できずに自分から連絡を取ってしまったというケースが多々あります。業者からは、勝手に接近したり連絡することはしないよう注意されているにもかかわらず、行動を止められなかったことになります。これが原因で、相手との関係を余計に悪化させてしまったり、変な誤解をされて、復縁が限りなく難しくなってしまうのです。

また、契約している復縁屋との約束も破ってしまったということで、契約も終了してしまい、何も残らないで終わってしまったという、悲惨な結末を迎えてしまうのです。相手は、復縁のプロです。言われたとおりに行動し、必ず約束を守らなければなりません。お互いの信頼関係があってこと、復縁工作は成功へと導かれるのです。

<工作だと疑われてしまった>最も危険なのは、相手に工作がばれてしまった時です。通常、工作員が近づき、親密になってから、依頼者との関係を戻すように仕向けます。しかし、その過程で、相手方が不信感を抱き、工作だとばれてしまうことがあります。そうなると、依頼者との復縁は失敗に終わりますし、さらに距離を置かれてしまうことになります。

工作がばれたのは、復縁屋側に不手際があった、あるいは相手が鋭かったのかのどちらかになるのですが、いずれにせよ、ばれてしまったらそこで終了です。高い費用を払ったにもかかわらず、お金だけを失うことになってしまった。復縁工作に失敗するということは、そういった悲劇を招いてしまう結果になるのです。

カテゴリー: irai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です