不倫がきっかけで離婚してしまったら


配偶者がいるにもかかわらず、他の異性を好きになってしまう。
その気持ちを隠したまま過ごすことができればいいのですが、気持ちを抑えきれずについ不倫関係になってしまえば、ばれた時に大変な事になってしまいますよね。
配偶者によっては大目に見てくれて、関係を修復しようとしてくれる人もいますが、中にはたとえ1度限りの不倫だったとしても許せずに離婚を申し出る人もいます。
そうなってしまうと、当然周りにも情報が洩れることになり、信頼だけでなく仕事を失ってしまうという可能性もありますよね。
もしも自分の不倫がきっかけで離婚する事になってしまったら場合、どうなってしまうのでしょうか。

■離婚する際には色々と決めなければならない

離婚をするとなると、色々な事を整理しなければなりません。
今までは家族として一つ屋根の下で暮らしていたのが、離婚した瞬間に赤の他人となり別々の暮らしが始まるわけですから、当然色々と問題が出てきますよね。

・慰謝料

まずは慰謝料ですが、こちら側に責任がありますので、慰謝料を払わなくてはなりません。
額については配偶者としっかりと話し合い、取り決めておく必要があります。
もしも折り合いが付かない場合には、最悪裁判で決定となりますので、あまりもめたくないのであれば、ある程度は相手の意向に沿った形で支払った方が良いかもしれませんね。

・財産分与

今まで夫婦共有で積み上げてきた財産ですが、離婚して別々の暮らしになるため、財産を分ける必要が出てきます。
財産分与も慰謝料同様に、こちらに非があるわけですから、相手にとって有利な条件で取り決めを行っておいた方が、もめずに済むのではないでしょうか。

・子どもの親権について

子どもがいる場合には、親権についても取り決めを行わなくてはなりません。
親権については、母親なのか父親なのかという事の他にも、経済力やその他さまざまな条件によって決められる事があります。
ただし子どもには何の責任もありませんので、できる事なら子どもの意向に沿ってあげた形で決めた方が良いのかもしれませんよね。
また養育費や面会交流については、しっかりと決めておかないと後々もめる原因にもなりかねませんので、注意が必要です。

■不倫がきっかけで離婚する事になったら誰かに相談しよう

もしも自分の不倫がきっかけで離婚する事になってしまったら、一人で抱え込まずに誰かに相談してみるのも良いかもしれません。
どうせ後々ばれてしまう事なので、早めに打ちあけておけばその分自分自身も追い込まれずに済むのではないでしょうか。
ただし、相談する際にはきちんと信頼できる人の方が良いでしょう。
でないと、根も葉もない事を言いふらされたり、弱みに付け込まれたりする可能性も出てきますので、相談相手を選ぶ際にはしっかりと選ぶようにしてくださいね。

■まとめ

もしも周りに信頼できるような人がおらず、一人で抱え込んでしまっているのであれば、恋愛電話相談というサービスがあります。
プライバシー保護はもちろんしっかりしていますので、周りに洩れるという心配はありませんので、安心して相談に乗ってもらう事ができます。
プロの意見を聞くことによって、今後の方向性も見えてくるかもしれませんので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です