不倫の相談を電話でするべき人は?


■兆候を感じていませんか?

不倫で苦しんでいる人は当事者とその配偶者でしょう。現在不倫で多く報告されているのは、未婚女性と既婚男性との不倫です。
この場合未婚女性は先行きの見えない恋愛に悩むことになりますし、既婚男性の妻は夫の不倫という事実に苦しむことになります。
不倫の当事者はもちろん自分たちの悩みとして不倫について考えることがあるでしょうが、既婚者の配偶者はある日突然疑いを抱きます。もしかしたら夫が不倫をしているのではないか?などと感じるのです。
電話相談なら都合のよいときにいつでも専門家に相談できます。 ですが、はっきりと不倫とはわからないから……と、相談をためらってしまう人がいるかもしれませんね。
当てはまると不倫をしている可能性が高い兆候がいくつかあります。
例えば、配偶者が不在になることが多くなったという場合です。仕事だ、出張だといろいろ言うかもしれませんが、結局は不在にしている間、不倫相手と会っているのです。
こうした言動が頻繁になったらどういう出張だったのか、誰と一緒だったかなど、さりげなく質問してあやふやな返答をしないかチェックしてみるとよいですよ。

■こんな変化にも要注意

また、配偶者がスマートフォンを常にチェックしているようになったら要注意です。仕事の連絡ならそう頻繁にないはずですし、友人からの連絡を常にチェックするようなことはないでしょう。
メールや着信があればいつでも反応できるようにしていると怪しいです。これまでは特にスマートフォンをロックしていなかった人が急にかけるようになっても何か事情がありそうですよね。
服装や見た目が変わるのも危険な状況です。普通、結婚してからは異性の目を引く必要がないのでファッションに手を抜いてしまう人も少なくないのですが、急におしゃれをするようだと不倫の可能性があります。
シンプルにおしゃれに目覚めたという場合もあるでしょうが、外見の変化の理由を考えてみて損はありません。
最後は自分との接し方です。急に事務的なことしか言わなくなったり、冷たい態度をとるようになったら家族のことが嫌になっているのかもしれません。
新しい相手ができたことで気分が高揚し、浮かれたり優しくなったりする人もいます。いずれにせよ配偶者の接し方の変化には要注意です。
このような変化が見られたら恋愛電話相談で不倫についての相談をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です