恋愛電話相談のカウンセリングサービスの内容


■うつ病や共依存症の悩み相談

恋愛電話相談を利用するとさまざまな内容でカウンセリングを受けることができます。恋愛電話相談専門のカウンセラーも多いですが、恋愛以外の悩みを恋愛電話相談の窓口でできることもありますよ。

現代社会に生きている人は多種多様な悩みを抱えます。恋愛で悩んだ結果うつ病になってしまった、人が怖くなってしまったなど、精神に不調を抱え続けることもあります。
またアダルトチルドレン、引きこもり、不登校、発達障害、共依存なども人々を悩ませる問題です。これらの問題は決して解決できるものではなく、専門家のカウンセリングを受けなければ解決の糸口が見えないこともあるでしょう。

悩んでいる本人がカウンセリングサービスを受けるためにクリニックなどに行けないこともあります。その際に便利なのが電話を使った相談です。

専門家と対面でカウンセリングを受けるのは怖い、抵抗があるという方は電話でカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングサービスによってはメールによるサポートをしていることもありますので話すのが苦手という場合はそちらを利用してみてもよいかもしれません。

■ママ友とのトラブルや愚痴聞き

ところで、話すと聞き流されてしまうようなありふれたお悩みも人を悩ませます。例を挙げるとママ友とのトラブルです。このように一言で言ってしまうと、なんだ!ママ友かと思われるかもしれませんが、相談者にストレスを与えるのなら立派な問題です。カウンセリング対象になります。

ほかにも日常的な悩みとして挙げられるのは特定の相手への怒り、悲しみ、寂しさ、不安、倦怠期、失恋のショック、相手に対する嫌悪感、浮気された、浮気した、自分が必要とされていないと感じる、自分が愛されていないと感じる、元彼を忘れられない、姑の態度が気に入らない、職場に嫌な人がいる、子育てに不安を感じるなどさまざまです。

カウンセリングではそれらの話を聞くこともできますし、ただ愚痴を聞いてほしい、嬉しいことがあったので聞いてほしいなどの相談も受け付けています。

カウンセラーに話を聞いてもらいたいことがあれば気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です