「恋愛電話相談では本当に十分なカウンセリングが受けられるの?」


恋愛電話相談では、カウンセラーが相談者1人1人の悩みをしっかりと聞いて共感し、その人が幸せになれるようにカウンセリングします。ただ、「カウンセリング」と聞くと、お医者さんのような白衣をまとった知識の高い先生が、相談者の目を見ながら話を進めていく、といったイメージをする方も多いでしょう。電話相談では、相談者とカウンセラーが顔を合わせることがないので、「電話で心まで読み取ることができるのかな?」と疑問に思う人も多いでしょう。

●カウンセラーはどんな思いも受け入れてくれる

電話相談でも、相談に乗ってくれる先生は、心理学に関係する資格を取得しているカウンセラーがほとんどなので、電話越しでも面談と変わらず相談者の心を読み解いてカウンセリングができるのです。また、カウンセラーは、相談者の考えを否定も肯定もせずに共感してくれるので、相談者は言いたかったことやしまっておいた気持ちも、言葉を選ばずに何でも言っても良いのです。それに、楽になるのなら、愚痴みたいなことでも思いっきり言っても構わないのです。カウンセラーは、聞き手としてのプロなので、どんな内容の話でも、相談者に寄り添って聞いてくれるので、安心して話してください。

●感情的になっても大丈夫

恋愛電話相談には、かなり深刻な悩みを抱えて相談に来る相談者もいます。例えば、「夫が不倫をしていて許せない」「恋人が自分を捨てて、親友と付き合うことになった」など、結婚相手の不倫や恋人の浮気、破局などの問題を抱えていると、精神的に追い詰められてしまいます。そんな精神状態の時に、恋愛電話相談を利用すると、「きっと誰のアドバイスも入ってこないだろう」「しっかりと話ができず迷惑をかけてしまう」と思うかもしれません。

恋愛電話相談では、取り乱した状態でもしっかりと相談に乗ってくれます。カウンセラーは数多くの人の相談に乗り経験を積み重ねているので、相談者が感情的になって泣き乱れたり大声を出したりしても、決して突き放さず、それだけの辛い気持ちであると理解して、気持ちを共有してくれます。

恋愛相談は、友人など自分の周りにいる人に頼ることもできますが、相談者が一方的に感情的になって話しても、その気持ちが伝わらないことがあります。それに、相談された相手も、良いアドバイスができずに困ってしまうこともあるでしょう。そのため、不安や辛い気持ちで爆発しそうな時は、恋愛電話相談を利用すると気持ちがかなり楽になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です