「復縁工作の相場を分析して見えてくること」

復縁工作は今、多くの人に利用されているサービスです。復縁工作を行うのは通常、探偵事務所か専門業者であることがほとんどです。はじめにカウンセリングを行い、その後工作員や監督員などによる計画の実行という手順を踏んで成功すれば晴れて復縁となります。

しかし、復縁工作自体は成功を約束されているわけではありません。高い成功率を誇る業者もいれば、成功率に関しては確たるデータさえないところまであります。復縁工作の相場を見ればわかりますが、それは決して安い値段ではありません。せっかくお金を払うなら成功率の高いしっかりとした業者に頼みましょう。

・復縁工作の相場のあれこれ復縁工作の相場を調べてみると、細かい情報があまり出てこないことに気付くはずです。それは、復縁というプライベートな事柄に関わるため秘密厳守があたりまえなこととケース

・バイ・ケースで値段が前後することが理由です。こうした特殊な事情を逆手にとって悪いサービスを行う業者も過去にはありました。お客の方では秘密を握られているために、文句も言えないという卑劣な手口です。引っ掛からないためには、こちらも情報を仕入れて注意深く行動することしかありません。

まずは、復縁工作の相場について知ることからはじめましょう。相場は安くて50万円くらいで高ければ200万円以上の費用が掛かります。人員を割いて工作を行うのはある程度のコストがかかるということ。逆に、数万円という激安価格のところは信用がおけません。まっとうな調査、行動を行っていない可能性があるからです。

・相場の差はサービスの差と心得よ察しの良い人は復縁工作にかなり大きな差が出ていることにすでにお気づきのことでしょう。ここまで差が出るのはサービスの差ということ。専門家によるカウンセリングや計画決め、実行ともなればどうしてもある程度の金額が必要になります。いっぽう、カウンセリングや実行内容が雑であればコストはかからずとも、成功の見込みは薄いと言わざるを得ません。高いほど良いとは言いませんが、安いほどいい復縁工作であるとの考えは間違いです。ある程度のサービスを望むならそれ相応の金額がかかることをお忘れなく。

・事前のカウンセリングと値段の合致が重要最初の相談時に丁寧なカウンセリングを行う業者は信頼がおけます。さらに契約時には必ず具体的な値段の相談をしましょう。あとから名目が良く分からない値段を請求されることのを避けたいからです。これら一連の流れは、口約束ではなく書類にして目に見える形の契約を結ぶのが通常です。

復縁工作の相場は安定しつつある

今、復縁工作の相場は安定しつつあります。その理由としては、探偵業に対して法整備がなされたため、法外な料金を請求するということができなくなったからです。探偵業者が行っている業務内容は、どちらかというと目に見えないものを提供するため、実際にどれぐらいの費用がかかっているのか分かりにくい面があります。でも、法律が整備されたことで、相場が安定しつつあるのです。

<10年以上前は規制がなかった>
実は、探偵業に対して法規制がされたのは、つい最近のことでした。2006年6月8日に公布、そして翌年の6月1日から施行された、探偵業法が、日本で初めての規制法律だったのです。内容は、探偵業を開始する時に、都道府県の公安委員会に届け出や報告する義務を設けたこと。そして、守秘義務の業者規制と、依頼者への説明書面や契約書面の交付を義務付ける業務規制の二つが定められたのです。それまでは、探偵業者に対して規制がなかったため、探偵や信用調査会社を利用した人から、数々のトラブルが報告されておりました。

主な内容は、十分な調査をしてもらえなかった、法外な料金を請求された、というものです。中には、相談した探偵業から、話した内容をネタに恐喝されたなどという信じられないものもあります。それに歯止めをかけるために、規制が作られたという背景があります。

<正規に営業している企業であれば安心>
つまり、しっかりと都道府県に業務の届け出をしている探偵社や信用調査会社であれば、法外な料金を請求はできません。だから依頼する側としては、正規に営業している企業と契約すれば、ひとまず安心と言えるでしょう。そして、法で整備されたことで、ある程度、復縁工作に架かる費用の相場も安定しつつあります。現在は、100万円から300万円が一般的な相場とされております。そして今後も、この料金の間で安定し続けるのではないかと見られております。何事も、法規制というものは大事だということが分かりますね。一昔前は探偵社や信用調査会社というのはどこか怪しい雰囲気がありました。

しかし今はそんなことはなくなってきているのです。

復縁工作の相場は高すぎても安すぎても怪しい

復縁工作は、その案件の難易度によって金額が大きく変動するため、相場が付けにくい業務です。ただ、もし会社側が提示してくる相場費用が、高すぎる、あるいは安すぎる場合は要注意です。なぜなら、本来必要とする料金より多く請求されてしまう可能性があるからです。高すぎるのは分かりますが、安すぎることに越したことはないと思われるかもしれません。しかしそこに罠があるのです。

<金額のめどはつけておこう>
相場が分かりにくいとはいえ、金額が青天井になるわけではありません。ある程度、最低どれぐらいかかり、高くついてもこれぐらいで収まる、という金額はあります。復縁工作に関しては、最低100万円、高くても300万円という金額を一つの目安としましょう。

もちろん、復縁がスムーズにいったり、比較的短期間で成功した場合は、これより安くなります。そして、依頼人が成功する見込みがない依頼を長々と続けた場合は、300万円を超えてくる可能性はあります。ただ、一般的に1カ月から3カ月程度の期間が必要とされ、その間で復縁工作を終えるのであれば、100万円から300万円が妥当な金額と言えます。もし実際に復縁屋に依頼する時は、自分の予算をしっかりと告げ、それに合わせた工作をしてもらうようにしましょう。

<安すぎるのには罠がある>
さて、先ほど案内した相場よりも、圧倒的に安く広告している会社もあります。それこそ数十万でできます、といったところは気をつけましょう。なぜなら、後からさまざまな名目で追加料金を取られて、結果的に他よりも高くつく可能性があるからです。安く見せているのは、あくまで初期費用として提示されているだけかもしれません。それ以外に、工作員の日当や交通費など、諸経費を別で請求されることもあります。また、調査費用、工作費用、そして成功報酬と、全て別々で請求され、成功するまでにはいくらになってしまうのか分からない恐怖もあります。

もし安すぎる料金を提示してくる会社がいたら、その料金でどこまでサポートしてくれるのか、細かく確認が必要です。復縁工作に必要とされる相場より、大きく離れた金額を提示してくる復縁屋には、要注意してください。

復縁工作の相場と照らし合わせて選定する

大切なのは「それだけの価値があるかどうか」
会社によってサービスの内容やスタンスが異なるのは、復縁におけるサポートをしている会社も同じです。依頼者は自由に契約する会社を選べるわけですから、良い会社を選ぶか不満の残る会社との契約締結になるのか、それはある意味では自己責任と言えます。あまりにも復縁工作の相場を気にし過ぎて、「高い」、「安い」という判断になると、肝心の質に目がいかなくなってしまいます。まずは気になる復縁をサポートしてくれる会社とコンタクトを取ってみて、報酬などを確認したうえで、「価値があるかどうか」という観点で評価してください。

まず担当者に会う努力をする復縁工作を進めていくにあたって、まずはカウンセリングが必要になります。会社によってはカウンセリングを無料にしているところもあります。重要なポイントとして、できる限り契約する前に担当者、つまり工作をしてくれるプロと直接会って話してみるということです。会社によっては、事務的な手続きやカウンセリングをすべてアシスタントに任せて、依頼するまで担当者と面会できないケースもあります。しかし大切なのは信頼関係を育むことですから、あまり良心的とは言えません。できることなら、早い段階で「担当者に会いたい」という意思を表示してください。

会社の全体的なスタンスに好感を持つことができても、担当者に好感を持つことができないという場合もあると思います。その気持ちが強いなら、やはり自分の気持ちに正直になって、他の会社を探してみるか、または違う担当者と面会することが可能か確かめてみることができます。安心してゆだねるためにできること結局のところ、大きなカギを握っているのは工作員です。だからこそ、心から工作員を信頼することによって、ある程度の期間をかけて復縁に向けて進んでいくとしても、平安な思いで過ごすことができるのです。納得のいく仕事をしてくれて、しかも成功へと導かれるなら、「本当にお金を出してよかった」と思えるはずです。決して安い契約ではないわけですから、本当に払いたいと思って払えるように、契約する前にしておくべきことをしておきましょう。高いか安いか、それは相対的な評価になりますが、良いサービスにはお金で判断できない価値があるものです。

相場のない復縁工作、最低限用意すべき金額は?

○相場を決めにくい復縁工作たいていの商品やサービスには、それを購入したり受けたりするための料金について業界内での相場というものが存在していますよね。それは商品やサービスの質を考慮した上で決められるもので、実際にそれに関連したもの、類似したものを購入する際のある程度の指針となります。復縁工作にはそういった「相場」がありません。相場のない理由は、復縁工作の料金はおおむねサービスの内容や質ではなく「どんな方法を採るか」「どれくらいの時間がかかるか」という点で決まるからです。

料金が依頼の内容によって大きく左右されてしまう上、肝心の依頼の内容はひとつひとつことなります。依頼人の抱えている事情やターゲットの人となりはひとつとして同じものはないので、その分平均的な料金というものも決めにくくなっているのです。○おおよその料金を決めるのは無料相談でのことひとつひとつの依頼によってサービスの内容もかかる料金も大きく変動する復縁工作ですから、その依頼を成功させるためにはどの程度の時間と金額が必要になるかについて、本契約前の無料相談である程度決めていくことがほとんどです。

ふたりが今実際にどんな状況か、どういったプランで復縁へ持っていくかなど相談すべきことはたくさんあり、料金についてのこともそのひとつです。とはいえ、実際に相談までしてみないとどれくらいの金額がかかるかわからないというのは困りますよね。

そこで、一般的に「復縁工作にはおおよそ最低限ではこれくらいの金額が必要」とされている額について調べてみました。結果、最低でも100万円前後は見ておくべきという意見が多いように感じられました。業者のホームページなどでも料金やその相場についての説明がなされていることが多く、たくさんの人があまりなじみのない復縁工作業者の実態を知りたい、料金体系を知りたいと考えていることがうかがえます。

ただ、こうして事前に調べてわかる金額はあくまでもひとつの目安です。100万円よりもかからないこともありますし、さらに高額な料金になってしまうこともあります。不安な気持ちもわかりますが、まずは無料相談を受けてみることが一番の近道といえます。

依頼人と仕事を受けた復縁工作員の信頼度が仕事に及ぼすもの。成功率、相場、スピードなど。

復縁工作とは読んで字のごとし、別れそうな、もしくは別れてしまったカップルを元のさやに戻すことが目的の仕事です。名前だけ聞くとすごくうさんくさいような印象を受けてしまいますが、内容は顧客の心理によりそった仕事であり、非常にニーズの高い仕事だということができます。その仕事で一番重要なのは、依頼者との信頼関係の構築です。

ラポール形成という言葉顧客との信頼関係が大切なのは復縁屋だけのことではありません。医療の業界でも医者と患者の関係性は非常に重要視されます。医者と患者の信頼関係が、治療の進捗状況にも影響を及ぼすのです。つまり患者がどれだけ医者を信頼しているかによって病気の回復状況に変化が出てくるのです。患者が自分の担当医のことを信頼していれば信頼しているだけ治療は円滑にすすんでいきます。

逆に疑ってかかっていれば病気やケガの回復はなかなか思うようにはすすまずに予定よりも長い時間がかかってしまうのです。よって医師は患者との間に信頼に基づいた関係性を構築できるように努力しなくてはなりません。これを「ラポール形成」と言います。

医師はこの関係性を構築し、患者の病をより効率的に治療していけるように図っているわけです。復縁屋にとってのラポール形成復縁屋にとってもこれは非常に大切な考え方です。依頼主がどれだけ心を開いてくれているかによって、ミッションの成功率は格段にかわってきます。どれだけ数多くの面談をかさねていたとしても、その面談の場で嘘をつかれていたとしたらそれは全く無意味のものとなってしまいます。

復縁屋の一番最初の仕事とは、依頼人との間にどれかで親密な人間関係を構築できるか、というものになっていくと思います。医師の場合のラポール形成とは、病気に対する患者の相対し方や、どれだけ真剣に治療に取り組むか、などに作用しますが、復縁屋の場合は、依頼者が絶対に人には言いたくないようなことでも、復縁屋を信頼して相談できるかどうか、という部分にかかわってきます。

実際、復縁屋が知っておくべきだった情報を知らされていなかったことで工作が失敗してしまう例もあるのです。関係性をどれだけ密なものにできるかが、成功率、スピード、その結果の料金相場にも影響を及ぼしていきます。

復縁工作で安すぎる料金設定は罠! 相場よりも低い価格には注意

○あらゆる要素で変動する復縁工作費用復縁工作にかかる費用については、実は相場であるとか、平均的な値段というものをはっきり提示するのはむずかしいことです。なぜかというと、依頼の内容や難易度、業者の料金システムやどういった手法で工作を進めていくかということなど、あらゆる要素でその価格が変動するからです。だいたい100万円以上はかかる、という目安自体はあるものの、それよりはるかに安い料金しか支払わないうちに依頼が成功してしまうケースもありますし、それとは逆に高額の料金を支払い続けてもなかなか依頼が成功・終了しない場合もあります。人と人の関係についての仕事ですから、それぞれの関係ごとにかかる労力や費用も変わってくるのです。

○安すぎる料金には注意しようただ、最初から料金をひどく安く見積もってくる業者には注意する必要があります。どの業者も最初はたいてい無料相談からはじめると思いますが、その時点でこれはかなり安く済む、数十万円で十分事足りると言って依頼者を安心させ、すぐに本契約させるような業者がいます。もちろんこの「数十万円で足りる」というのは契約を取るための方便で、実際にはこの額で済むのはごくまれなことです。そもそも数十万円程度の経費ではろくな復縁工作をできないというのが現実です。ですが、復縁工作業者への依頼をためらっている人のなかには、その高い料金に戸惑っている人も多いはずです。なかには数百万円という大金は出せないけれど、もしさらに安い料金で依頼を受けてもらえるなら……とだめもとで相談に来ている人もいることでしょう。そうした人が悪徳業者のよいターゲットとなってしまい、安い料金で依頼に応じるという甘い言葉にだまされて、実際にはろくに工作活動もしない業者と契約をしてしまうことはしばしばあります。通常の復縁工作依頼にくらべれば安いといっても、数十万円だってかなりの大金です。それをなんとか支払ったのに復縁は成功しないなんて、絶対に避けたい事態ですよね。また、復縁工作はそもそも必ず成功するとは限らないものですので、失敗した際の保障もないことが多いです。だからこそ悪徳業者がはびこってしまうのですが、きちんと下調べをして悪い業者にはつかまらないよう注意しておきましょう。

復縁工作、相場より安いところ」

最近、利用者が増えてきている復縁工作。別れた彼や彼女とヨリを戻したいと考える人からの相談が後を絶たないといいます。復縁工作が利用されるわけは、復縁の成功率にあります。あるアンケート結果があります。復縁した男女に「復縁できた原因」を問うたところ復縁工作が1位にあがりました。復縁工作による成功率には定評があると考えることができます。さて、いざ復縁工作を利用しようとすると気になるのがその値段です。復縁工作の相場は一般的には100万円~200万円ともいわれています。単刀直入に言って「高い」というのが正直な感想でしょう。成功率が高いといえども100万以上の金額を簡単に出せる人は少ないのではないでしょうか。ここでは、相場よりも安い金額で復縁工作を行う業者を紹介します。

○イーパートナーズ復縁工作の料金が75000円~と非常にリーズナブルです。ただし、すべての復縁がこの値段でできるわけではありません。例えば別れた後、もうすでに相手にパートナーがいる場合があります。そうした際は復縁工作の前に別れさせ工作を行う必要が出てきます。別途、別れさせ工作費用が発生してくるのです。また、電話カウンセリングやメールカウンセリングを行っているのも一つの特徴です。それぞれ有料で、電話は60分7500円、メールは1回2500円です。支払い方法については銀行決済・現金支払い・クレジット決済が選択できます。

○スマイルプラス復縁工作料金は、期間によってプランごとに異なります。例えば1日プランの場合、着手金が7万5000円、成功報酬が3万5000円です。3週間で着手金26万円、成功報酬20万円。期間が延びるほど料金は高くなります。このプランを利用するメリットは、工作期間が短くて済めば割安だということです。工作期間が短いということは復縁の難易度が低いということでもあります。復縁の難易度については業者の判断を仰ぐ方が良いでしょう。プロの目から見た難易度と素人が考える難易度は異なることがあるからです。その他、特殊工作が必要な場合は別途2万円~料金が発生します。ここで紹介した業者以外にも相場より安い値段で復縁工作をするところはあります。しかし、業者によっては安い料金を提示しておいて、工作をきちんと行わないところも。一概に安ければ良いとも、逆に高ければ良いとも言えません。料金は業者を選定する判断材料の一つと考えておいた方が良さそうです。

復縁工作の相場は本当に合ってるの?

ネット上で、復縁工作の相場を調べると、誤差はあるものの、だいたい100万円から250万円の間とされております。果たしてこの金額は本当に正しいのでしょうか。もっと安く済ませる方法もありそうですし、逆にもっと高くなることも考えられます。相場の金額は、現実と合っているのかみていきたいと思います。

<一カ月あたりが30~50万円程度>復縁工作を依頼する際、どの会社も一カ月単位でのサービスを提供しております。一カ月あたりの料金を設定しており、それにプラスして成功報酬を払うシステムです。一カ月あたりの料金というのは、どの会社も相場は決まっております。最低でも20~30万円、高くて40~50万円程度となります。会社によって異なりますが、この基本の料金で全て対応してくれるところも多いのです。依頼人が抱えている案件の難易度によって、料金も変わります。例えばある復縁屋では、難易度をAからCに設定し、それぞれ30万円から50万円と幅を決めております。それに成功報酬として、10万円から20万円なので、もし一カ月で完了した場合は、40万円から60万円の支払いとなります。ただ、復縁工作は一カ月で終わることはありません。平均すると三カ月はかかります。だから100万円から170万円の間の支払いとなるのです。つまり、ほぼ相場通りの料金設定となっております。

<最低でも300万円は用意したい>世間的に知られている相場に、そこそこの信ぴょう性があることが分かりました。もし依頼をしようと考えている人は、それに合わせて費用を用意しなければなりません。会社によってはローンを組んだり分割で支払うこともできます。ただ、借金を抱えてしまうと、失敗した時にダメージが大きくなります。だから可能な限りキャッシュにしましょう。相場はあるとはいえ、案件によって期間が長くなることもあります。余裕を持って300万円は用意しておきたいところです。最近は、インターネットでさまざまな情報が簡単に集められます。一昔前は、復縁屋も裏稼業という立ち位置で、料金など表立った情報はありませんでした。でも今はネットで簡単に情報が集まります。つまり、ほとんどの会社が相場とさほど変わらない料金設定にせざるを得ないのです。

復縁工作、相場よりも安い価格でも大丈夫?

■復縁工作にかかる料金は業者によってさまざま復縁工作のためには少なくとも数十万円単位にはなるかなり高額の費用が必要になるという点においては、どの業者に依頼しても変わりません。ただ、業者によって料金の形態も違いますし、営業方針も変わってくることはたしかです。できるだけ良心的な料金設定で顧客を獲得しようとする業者もいれば、高額な料金になってしまったとしてもクオリティーの高いサービスで顧客の満足度を高めようとする業者もいます。どういった業者を選ぶかは、すべて依頼する側の心ひとつなのです。ですから、復縁工作の相場というものを決めるのはなかなか難しいことでもあります。ただいくら安い料金設定にしている業者でも、最低でも数十万円は確実にかかるとみてまず間違いありません。それ以下の料金で済むという場合には、よほど特殊、またかんたんなケースを除き、まともに復縁工作をしてくれるのかという懸念が生まれますから注意が必要です。
■料金の高さ・安さに成功率はあまり左右されない復縁工作の業者にも、法人として営業しているところや個人の事業として営業しているところ、大きな事務所や小さな事務所などいろいろあります。そのなかで復縁工作にかかる費用が安めに抑えられる業者というと、やはり個人の事務所、規模が小さめの業者といったところが多いように感じられます。しかし、そういった低料金で復縁工作の依頼を受けてくれる業者では、復縁の成功率も下がってしまうのかといえば、決してそういうわけでもありません。そもそも復縁工作というのは、お金をかければかけるほどうまくいく、というものではないからです。必要な費用は多いですが、それを超えて余剰な経費があるからといって成功率が劇的にアップする、ということもありません。他の復縁サポートサービスとくらべると成功率の高い手段である復縁工作ではあっても、その成功率が本当はどの程度なのかという数値は曖昧です。最終的にはふたりの人間どうしの感情の問題となってきますから、一筋縄ではいかないというのが本当のところです。あまりに安い料金だと詐欺や悪徳業者の疑いが強まりますが、あくまで常識の範囲内での低価格なら、サービスの内容や期間と相談しつつ依頼してみるのもよいでしょう。