『復縁工作を友達に頼んだ場合の成功率』

復縁工作の存在を知っていても、「高額な費用を支払って復縁工作を依頼しなくても、友達に手伝ってもらえば良いのでは?」と考える方がほとんどでしょう。
実際に、別れた相手と復縁できるように友達に頼んで、成功できたケースも多くあります。
それでは、友達に復縁を頼む方法と、復縁工作を依頼した場合とでは、成功率にどれくらい違いがあるのでしょうか?

■友達に頼むとさまざまなリスクがある

友達などに手伝ってもらう方法は、頼みやすいですし、高額な費用もかからないので、復縁を考えた時に、最初に思いつく方法ではないでしょうか。
ところが、この方法は、さまざまな場面でリスクを伴います。

まず、別れた相手との復縁を強く望んでいても、相手は全く望んでいないことがほとんどです。
そこへ、別れた人の友達が復縁を促すような話をしてきたら、頼まれたことがすぐにバレてしまい、迷惑だと思われるだけです。

また、恋愛経験豊富な友達に頼んで、復縁を導いてもらおうとしても、自分の考えを押し通したり、経験を語ったりするだけで、2人の復縁には全く関係がなく、相手の気持ちを動かすには程遠いことがほとんどです。

■復縁工作業者

それでは、友達に頼むのと、復縁工作業者に依頼するのとでは、何が違うのでしょうか?
復縁工作業者は、恋愛のプロですが、ただ恋愛についてのアドバイスができるのではなく、依頼者と対象者を仲介する立場として、特殊なテクニックを身につけているのです。
ごく自然な流れで対象者と仲良くなり、依頼者との復縁を考えるように心を動かすという、非常に高度な技術をもっているのです。

また、業者の工作員は、さまざまな知識を習得しており、法律についても詳しく学んでいるので、法に触れるような言動は決して行いません。
そのため、リスクやトラブルを避けることができ、安心して復縁を見守ることができるのです。

このように、友達に手伝ってもらうより、復縁工作業者に依頼した方が、高額な費用はかかりますが、それだけ成功率は各段に上がります。
それに、友達に頼んで失敗した場合は、別れた時よりも印象を悪くしてしまい、もう二度と相手の気持ちを取り戻すことが不可能になることもあるのです。

『「自分を見つめ直す』という復縁工作の成功率を上げるススメ』

■愛情があったからこその感情

自分からだけでなく向こうからの愛も感じ、愛し合いながら二人で生きていくことを考えていたのに、その相手と別れることになってしまったら……虚しさがすごくありますよね。そのような相手とよりを戻し、復縁したいと考えた中で、復縁工作を復縁屋と呼ばれる存在に頼る行動を取ろうかと考えている方もいることと思います。当たり前のことですが、復縁屋に依頼するのなら復縁の成功率が高い方がいいですよね。そんな復縁工作の成功率についてアドバイスをさせてください。

■実際のところの復縁工作の成功率

復縁屋に復縁工作を依頼する際の成功率というのは、依頼主次第です。というのも、依頼主と復縁対象者との間でどういった原因で別れたのかなど、それぞれで千差万別なものなので、一概に「復縁は何十パーセントでできます」ということは言えないのが現実だからです。復縁というのはそういうものですから、逆に言うと、「これだけの割合でできるので大丈夫です」という業者や担当の人だと、少し怪しいというのが本音です。業者や担当してくれる人に信頼や信用を置くかを判断する材料として、以下のような声をかけてくれたり、話をしてくれるか、というチェックポイントを紹介します。

■復縁工作の成功率を上げる考え方

復縁を叶える上で、重要なのは「自分を見つめ直すこと」で、そうして自分を見つめ直した中で、「ここは変えないと」や「こういう悪いところがあるな」と思うことが肝心なんです。なぜかと言えば、双方にせよ、片方にせよ、どこか気になるところや嫌だなと思うところがあって別れるという結果になってしまったと思うのです。そうした気になるところや悪いところをどういう形であっても変えようとしなければ、復縁できませんし、また復縁したとしてもかなりの確率で再度別れることとなってしまいます。学生時代の試験で言えば、間違えたところを放置していれば、再び試験をしても同じところを間違えてしまいますよね。それと同じことで、その別れた事実や結果の中から、どこが悪かったのかを見つめ直し、それを少しずつでも直していく意識や意志が大事なんです。そうした意識や意志を持つことが、復縁工作の成功率を上げられる条件となります。このような考え方を教え伝えてくれるか、というのを担当してくれる人のチェックポイントの一つとして頭に留めておくことをオススメします。

復縁工作の成功率アップの秘訣

世の中には、さまざまな悲喜こもごもの別れがあります。
男女の間にも、円満な別れもあれば、修羅場になる別れもあります。
泣いてすがるのは多くが女性ですが、まれに男性の方が未練たらたらで女性にすがってしまうケースもあります。
そのような別れをした男女の復縁工作成功率は、あまり高くありません。未練がある方は何としても復縁したいと思いますが、振った方は相手の往生際の悪さが悪印象にしか残っていなくて、顔も見たくないと思っている場合が多いからです。

復縁工作の成功事例を1つ紹介します。男性の方が女性に未練があるので復縁工作を依頼してきたケースです。
ケンカをした挙げ句に、男性が自分の携帯電話を壁に叩きつけたのがきっかけで、女性の方から別れを切り出しました。男性の「携帯電話を叩きつける」という行為に恐怖心を抱き、女性はキッパリと別れを通告して、その後音信不通になりました。
男性は何度もメールを送り続けた結果、ストーカー扱いされて警察沙汰になる寸前だったということです。
あきらめきれない男性は、復縁工作業者を訪れました。

このケースでは、女性の恐怖心を払拭することが最初の一歩なので、業者は時間をかけて進めることにしました。スタッフが立てたプランは、彼女に嫉妬心を起こさせることでした。
別れてから数ヶ月後に、彼女の退勤時間を見計らって、依頼者の男性と工作員の女性が仲良く歩いている姿を、職場のそばで彼女にバッチリ見せたのです。
案の定、翌日彼女から「あの時はごめんね」というメールが届きました。彼女をじらすために、依頼者には翌々日に返信をしてもらったところ、彼女の方から食事に誘う返信メールが。
そして一緒に食事をし、お酒を飲んで、あとは復縁成功となりました。

このケースは、業者の作戦も功を奏しましたが、依頼者と業者がこまめに連絡を取ったことと、依頼者が業者のアドバイスを素直に聞いて従ったことも、成功に導いた大きなポイントです。
業者は依頼者のために、あの手この手を考えて最良のプランを練ります。依頼者は業者を信じて、プロのアドバイスに素直に従うことが、成功率アップのためには大切なことです。

復縁工作の成功率を左右するもの~相手を変えることはできない~

■復縁工作の前に考えること

復縁工作の成功率をアップさせるためには、復縁工作を業者に依頼する前に考えてみた方がよいことがあります。
それは、別れてしまった相手を変えることはできないという事実に向き合うことができるかどうかということです。
別れてしまった原因や理由は人それぞれですので、復縁の難易度によって復縁工作料金や期間が設定されています。けれども、復縁することが比較的簡単と考えられている理由でも、復縁できないケースもあれば、まず復縁は無理なのではないかと思われているケースでも復縁できることもあります。
この違いはどこにあるのか、考えてみられることをオススメします。

■相手を変えることはできない

完璧な人はいませんので、パートナーや恋人に対する不平や不満を持っている人は多いのではないでしょうか?それでも、相手に対する不平や不満が増して行く人もいれば、不平や不満を減らすことができる人もいます。
不平や不満が増して行くといつかそれが争いの種になってしまいかねませんので、できれば少しずつ減らして行ける方が良いですよね。どうすれば、減らすことができるのでしょうか?
まずは、「相手を変えることはできない」という事実を知ることが大切です。人は時として誰かを自分の思い通りに変えることができるという思い違いをしてしまうことがあります。
自分のことについて考えてみてください。完全に自分自身の感情や嗜好をコントロールすることができているでしょうか?この質問にYESと自信を持って答えられる人はとても少ないのではないでしょうか?

■自分が接し方を変えてみる

相手を変えることができないのであれば、どうすれば良いのでしょうか?
それは、相手に対する接し方を変えてみることです。相手に何か依頼するときに、「悪いんだけど、お願いできる?」と言うのと、「いい加減、やってくれない?」と言うのでは相手が受けとる印象は随分と変わってくるものです。
復縁工作を始めるのであれば成功率をアップさせることができるかどうか確認しておくことが大切です。自分を変えることができるかどうかまずは自分自身に問いかけてみてはいかがでしょうか?

成功率に惑わされずに「正直」な復縁工作業者を選ぼう

復縁工作業者を選ぶとき、依頼の成功率にばかり目がいってはいませんか?高い成功率という数字は優秀な復縁工作業者を選ぶためのとてもわかりやすい記号ではありますが、それだけで良い業者だと判断するのは少し危ない考え方です。本当に復縁を成功に導いてくれる業者のポイントは「正直に話してくれるかどうか」です!

■成功率の高さをアピールする業者が良い業者とは限らない

公式サイトやインターネット上の広告などで、これまでに受けた依頼の成功率を大々的に宣伝している復縁工作業者も少なくありません。実際、その高いパーセンテージに惹かれて依頼する業者を決めたという人も多いはずです。
もちろん、良い復縁工作業者であれば自然と依頼の成功率も高くなりますから、こういった広告も多少は意味があるものです。それでもよく心に留めておきたいのは、「これまで受けた依頼の成功率は自分の復縁が成功する確率とは違う」ということです。
依頼の難易度はひとつひとつ異なります。もしかしたら、自分が依頼しようとしている復縁工作はとても難しいものかもしれません。そして、そういった難しい依頼についての成功率だけを明記している復縁工作業者はありません。
依頼の成功率が80%、時には90%以上であると宣伝している業者も多いですが、自分の依頼についてもそれほどの成功率でこなしてくれるかはまた別の問題だと覚えておいてください。

■なんでも正直に説明してくれる業者は信頼できる!

依頼の成功率にかかわらず、復縁工作業者はクライアントを喜ばせる必要があればいくらでも甘いことを言うことができます。本当はとても難しい依頼だとしても、口だけであれば「絶対に復縁できます」と言うことはとても簡単ですよね。
ですが、いくら甘いことを言われたところで、本当に復縁できなければ意味がありません。一時の安心のために高いお金を払うのはもったいないことです。
むしろ大切にしたいのは、難しいことは難しいとはっきり言ってくれる業者です。本来なら復縁できますと伝えて依頼を受けてしまう方が儲けに繋がるわけですから、それでも最悪のケースについてもちゃんと説明してくれる業者は、それだけクライアントのことを本当に考えてくれているといえるのです。

「復縁工作員と協力することが成功率を上げる」

・まずは工作員と信頼関係を築くこと復縁を望む人にとって、成功率100パーセントなどと謳う復縁工作会社は魅力的にうつるのではないでしょうか。絶対に復縁したいと思うなら、なるべく成功率の高い会社にお願いしたいと思うものです。しかし残念ながら、復縁工作が100パーセント成功する会社というのは、明らかに悪質な業者だといえます。依頼者に真摯に向かい合って復縁工作を行う会社であれば、復縁工作におけるリスクや、人の気持ちは変わらないこともあるということを、依頼を受ける前にきちんと伝えてくれます。

また、復縁工作の成功のためには、依頼者の努力も不可欠です。復縁工作だけで復縁が可能だという会社は、復縁までの工程のみを重視しており、復縁後に長続きできるかどうかまでは考えていないこともあります。復縁を成功させるには、工作員と協力しあって復縁工作を進めなくてはなりません。依頼者が相手の情報を出し惜しんだり、別れた原因や付き合ってきた経緯などを工作員に打ち明けないと、復縁の成功率もそれだけ下がることになります。別れの原因が自分にあった場合、それを工作員にいいたくない気持ちも理解できます。

しかし、工作員を信頼して包み隠さず話すことで、より一層、成功への道も開けてきます。守秘義務がありますので、工作員への相談は安心して行ってください。

・工作員に内緒ごとは作らない復縁工作を依頼するときに、いいたくないことを秘密にしてしまう人もいます。別れた相手に復縁を求めて、ストーカーまがいのことをしてしまったり、すでに他社で復縁工作を依頼して失敗していることなど、あまり公にしたくないことは内緒にしたくなるものです。本当のことを話すのは、とても勇気がいることです。しかし、全てを工作員に打ち明けることで、解決への光が見えてくることもあります。他社で失敗している場合、ターゲットが工作員の接触に対して、極端に警戒することもあります。

最初から他社で失敗していることが分かっていれば、工作員も対応のしようもありますが、内緒にされていると、間違えた工作を仕掛けてしまいます。こうなると、さらにターゲットが警戒してしまい、復縁することも難しくなってきます。

「自分が変化することで復縁工作の成功率も上がる」

自分本位になると復縁できない復縁工作を成功させるには、相手の気持ちを変えるだけでなく、自分自身も変わる努力をしなくてはなりません。復縁することさえできれば、後は何とでもできると考えていると、復縁しても結局ダメになってしまうことがあります。復縁工作を依頼する前に、なぜ別れることになったのか原因を追究し、客観的に自分を見つめ直す必要があります。本当に復縁したいのか、復縁してからの二人の未来図まで考えられるのか、自分の気持ちを確かめ、それでも復縁したいと思うなら、復縁工作に依頼をしてください。

特に結婚を意識している人なら、復縁だけをゴールとするのではなく、復縁は通過点にすぎないと考えたほうが良いでしょう。復縁を求めるとき、自分本位な気持ちだけで進めようとしても、うまくいかないものです。相手がなぜ別れたいと思ったか、相手の気持ちを理解しなくてはなりません。相手に対して思いやりの気持ちを持つことで、相手にも変わった自分を見せることができます。相手から戻りたいと思えるような自分に変わることで、復縁工作の成功率を上げることにつながります。

復縁を成功させるには努力が必要自分の考え方や性格を変えるのは容易なことではありません。しかし、相手の考え方を変えるほうが、もっと難しいことです。相手が別れたいとまで思いつめたのは、自分に要因があったかもしれません。それを認めたくなくて、相手のせいにしてしまうこともあるでしょう。たとえ相手に好きな人ができたことが原因でも、そうなったのは自分自身の相手に対する甘えがあったり、努力することを忘れてしまっていたことも考えられます。今現在、復縁することが最重要であれば、自分自身を変えることはそれほど難しくはないでしょう。

相手が好きになってくれた長所を伸ばし、短所を認めて改善していくことで、復縁の可能性も高くなります。自分では短所も長所も分からないと思うなら、友だちや知人などにアドバイスを求めましょう。復縁を求めていることが恥ずかしいと思うなら、工作員に相談してみてください。

「復縁工作の成功率は高いほうが信頼できる?」

・すぐに復縁できると断言する会社は疑ったほうが良い
復縁工作を成功させたいなら、成功率の高い会社のほうが安心できるような気もします。成功率100パーセントや、90パーセントなど高い成功率を謳う会社もありますが、実際にそれだけ高い成功率というのは、まずありえないと考えられます。復縁工作は人の気持ちを取り扱うサービスなので、工作員の思いどおりに進まなかったり、予想外の出来事が起こることもあります。復縁工作をするにしても、二人の状況や相手の性格などによっても左右されますので、同じような復縁工作に思えても、同じ結果が表れるとは限りません。信頼できる復縁工作会社ほど、簡単に復縁できるとは口にしません。まずは依頼者のヒアリング、カウンセリングを行った上で、依頼者に適した工作プランを考えます。また、相手に復縁工作を仕掛けるだけでなく、依頼者本人が変わらなければならないところも指摘します。厳しいようにも思えますが、復縁することができても、結局同じことでケンカになったり、相手にうんざりされてしまうようであれば、復縁が成功したとはいいきれません。

・復縁工作までの流れ
復縁工作を依頼する場合、まずは復縁工作会社に相談することから始めます。最初の相談は無料の会社が多いので、いくつかピックアップしておいて、相談してみましょう。いきなり会社に行くのは勇気がいるという人は、メールや電話で相談してみると良いでしょう。安心できると思う会社であれば、実際に尋ねてみて相談することになります。相談が終わると、見積もりを提示してくれます。見積もりも無料の会社が多いですが、中には相談料や見積もり料を請求してくる会社もありますので、相談前に確認しておきましょう。説明や料金に納得できれば、契約を交わすことになります。もし疑問や不安に感じることがあれば、その場で質問しましょう。契約を交わした後に聞いていなかったといっても、料金が生じてしまうこともあります。無理矢理契約を迫るような会社は論外ですので、すぐに断って、その場を立ち去るようにしてください。

復縁工作の成功率、低い業者と高い業者

復縁工作で気になる点は、何といっても成功率のはずです。どこに頼むかによっても、その値は大きく変わってきます。お金がかかる案件ですから、失敗するのであれば頼みたくないのは当然です。しかし、サイトを閲覧するくらいでは、なかなかその業者の成功率をうかがい知ることはできません。当たり前ですが、どこの業者も自分たちに有利な情報しか発信しません。ただ、ちょっとしたコツで各業者の成功の具合を推測することができます。そのためには、まず復縁工作において成功率が低くなる、また逆に高くなる、それぞれの要因を知っておく必要があります。この記事では、それらに関して以下で詳しく解説していきます。

■成功率が低くなる原因
やはり業者によって、その働きぶりは全く異なります。復縁工作において失敗するケースのほとんどは、業者側が依頼を受けたにもかかわらず、調査などを積極的に行わないためです。このような悪質な業者に依頼してしまった場合には、成功率はほぼ皆無といって良いでしょう。やはり信頼できるのは、調査の進行具合など現在の状況を明確に伝えてくれる業者です。つまり、どれだけ透明性があるのか、そこが復縁工作業者を選ぶポイントになってきます。

■成功率が高い要因
対して、成功率が高い業者というのは、個々人それぞれに対して適切なアドバイスをしてくれます。たまに「復縁マニュアル」なるモノを耳にしますが、そういった類を使用している業者はやはり当てになりません。復縁作業というのは、人によって全く違い、またケースバイケースな代物です。決して画一的に行って成功する作業ではありません。つまり、カウンセリングなどの段階から親身になって話を聞いてくれる、または自分に合わせた復縁プランなどを計画してくれる業者というのは非常に信に足るはずです。成功率が高い業者というのは総じて、一人一人に真摯に向き合ってくれます。

◎まとめ
復縁工作の成功率を見分ける際、重要なのは業者選びです。今回の記事で紹介した、成功率が低く、または高くなる要因について理解しておけば、必ず後々役に立つはずです。高いお金を払って、悪質な業者に騙されるという事がないよう、ぜひ業者選びは慎重に行いましょう。

復縁工作の成功率とトラブル

根拠のない謳い文句に注意「お金をたくさん費やせば、必ず復縁できる」と思っている人もいます。恋人にフラれてしまい非常にショックを受けて、でもやっぱり元恋人が必要、と切羽詰まった状態になって、復縁工作を依頼する人もいるでしょう。復縁工作を依頼する人は、このような人がほとんどなので、業者側も十分にわかっています。しかし、そんな依頼者の気持ちを利用した悪い業者もあって、「絶対に復縁を成功させます」「今じゃないと、成功率が下がってしまいますよ」など、根拠もない謳い文句を並べて依頼させてしまうのです。

冷静な判断ができる時は、疑いの目を向けることができますが、復縁で頭がいっぱいになっていると、信用できない言葉も自分にとってはメリットしか感じられず、信頼してしまうのです。でも、復縁するのは誰なのか、冷静になってよく考えてください。業者の工作員が相手と復縁するわけではなく、当然、復縁するのは依頼者と相手です。そのため、依頼者が業者に全て任せたり、言いなりになったりするだけで、相手が依頼者のことを再び好きになることはあるのでしょうか?お金を出せば必ず成功する?実際にあった業者と依頼者とのトラブルを例に出します。

ある依頼者は予算を1000万円用意して復縁を依頼したのですが、業者側はこれ以上復縁が成功する可能性はないから、復縁工作を終了することを提案しました。しかし、依頼者はいくらでもお金を払うから、絶対に復縁させてくれと迫ったのです。よくあるトラブルだと、予算が足りないのに追加料金を請求される、成功率が低くもうあきらめようとしている依頼者に対して、まだ見込みはあると無理に工作を続けようする、などが多いです。「お金をもっと出すから、必ず復縁させて」という例のトラブルは、一般的なトラブルと逆ということがわかるでしょう。どうしてこんなトラブルになったかというと、業者が最初に「確実に成功に導く」「お金をかければかけるほど成功率が上がる」などと言ったからでしょう。

しかし、途中で業者はこの復縁は成功しそうにない、ということに気づいていたけど、依頼者に強く要求され、できないといえば詐欺になる、という状況なのです。業者任せにしない覚えておいて欲しいことは、復縁工作に「成功率100%」はあり得ないことです。でも、成功率を高めることはできます。それは、依頼者と業者が意思疎通を取って、お互い信頼し合うことです。いくらお金をかけても成功に導けないこともありますが、その時は、どうしたら良いのか一緒に考えることが大切なのです。