復縁工作の成功率が低いパターンを想定


復縁工作には、それぞれ成功率というものがあり、状況によって成功するかどうかも決まってきます。当然簡単な復縁であれば、成功する確率も高いです。それぞれの状況によって変動するので一概には言えないのですが、個々では成功率が低いパターンを紹介します。それぞれのパターンに組み合わせて紹介するので、自分が置かれている状況と比べてみると良いかもしれませんね。まずは復縁業者の成功率を知りましょう。

071901

相手が遠くにいる場合

復縁を依頼する方で多いのが、遠距離恋愛中に相手が浮気をしたり、不倫をしたりすることによって別れてしまうパターンです。この場合、すでに相手に気持ちがないので、成功率は低くなってしまいますね。そもそも相手が遠くにいる場合は、復縁工作業者としても、どのようにアプローチするか悩むところです。東京にいる依頼者が、札幌や沖縄にいる恋人と復縁したいと思っても、なかなか手間が掛かるというワケです。

相手に嫌われている場合

事情があって別れた場合は、復縁できる可能性もあるものの、相手に嫌われている場合は復縁も難しくなります。自分が浮気した場合や不倫した場合、性格的に幻滅されている場合、そもそも根本的に合わないことが分かった場合などなど。相手によっては、すでに他の異性と付き合っているかも知れません。復縁が可能かどうかについては、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちももちろん重要な要素になってくるのです。

相手に恋人がいる場合

別れるそもそもの原因として、「他に好きな人ができた」という方もいます。そういう場合、復縁するのは難しくなるでしょう。例えば、復縁しようと思っても、すでに恋人がいるとアプローチが無意味なこともあります。復縁工作の業者は、成功率を高めるために色々と努力してくれるものの、なかなか難しい案件に関しては、本人次第ということもあります。本人が「どのように別れたのか」も考えておかないといけないので、依頼する方は、別れた状況を詳しく把握しておくようにしましょうね。ダメなパターンを想定しておけば、成功率を高められる可能性があります。